ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


看板と中身が同じとは限らないわけで、これが違っていると、「ああ、騙された」「ああ、失敗した」となります。

失敗だで済めばまだいいですが、場合によっては、詐欺まがいになることも。



看板と中身



いかにも素晴らしいものがあるかのような、看板であった。

でも、実際は違った。

こうなると、残念ですよね。


でも、気づけているだけ、まだ幸せなのかもしれません。

騙されていたと分かれば、もう信じないで済みます。

警戒し、避けることもできる。



飲食店なら、分かりやすい。

いかにも美味しそうな看板なのに、食べてみたら不味かった。

安そうに書いてあるのに、実際には高かった。

それを経験すれば、もう行かないでしょう。



看板はあくまで看板であって、そのすべてではありません。

しかし、目安にするのも確か。


 ・ある程度は信じる。

 ・でも、すべては信じない。

 ・確かめるまで分からない。


それを目安に行動を起こす。

実際に体験して、評価を下す。

そんなところでしょうか。





看板には、「表向きの名目」とか「見せかけ」という意味もあります。

「看板倒れ」という言葉もありますね。

「うわべだけが立派で、実質にかけること」「見せかけだけで、内容が伴わないこと」。



お店や商品の場合、体験すれば、ある程度、はっきりするように思います。

でも、そうではないものも、あるようです。



「人権」を看板に掲げている。

でも、一方の人権を守るのには熱心なのに、別の一方の人権はちっとも守ろうとしない。

人権とは、すべての人間に対する権利ではないのだろうか?

一方だけを持ち上げ、一方だけを軽んじるような人権は存在するのだろうか?

そんなもの、人権と呼べるのだろうか?


「平和」を看板に掲げている。

平和のためなら、手段を選ばない。

過激なこともするし、人を罵るし、ルールも破る。

とことん敵を攻撃する。

これが平和なことなのだろうか?


「反権力」を看板に掲げる。

でも、それを実現するため、いろんな手段を使って、他人を強制し服従させようとする。

自分たちの思うがままに、他者を行動させようとする。

権力を持ち、使っているのは、いったい誰なのだろう?


「自由を重んじること」や「寛容」を看板に掲げる。

でも、気に入らないものは、絶対に認めない。

排除し、消してしまおうとする。

自由とは、限られた特定の人の自由なのだろうか?

他者の自由を踏みにじる自由とは、何なのだろう?

人を選ぶ寛容さとは、何なのだろう?




きれいな看板を見ると、無条件に賛同する人もいるかもしれない。

でも、看板と中身は、同じなのだろうか?

表に書いてある通り、実施されているだろうか?


実際に目をつむれば、大事なものをなくしそうだ。


彼らの心は、何を思っているのか?

彼らの口は、何を語るのか?

彼らの身は、何を行っているのか?


ちゃんと見ないと、危ない、あぶない。


あぶない、あぶない。




関連記事
[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■  



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。