ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
烈車戦隊トッキュウジャー

第14駅「迷刑事、名探偵」


(ネタばれ注意)


ソウジキシャドー 登場!

ポリスレッシャー、出発進行!



ライトたち4人が、警察に捕まった。

名探偵ヒカリは、仲間の容疑を晴らすことができるか?



ヒーロークラブ 烈車戦隊トッキュウジャーVOL.2 [DVD]





[Aパートのレビュー]


レインボーライン、次の停車駅は、<きらり台>です。

停車時間は、だいたい半日。

ちょうどランチの時間なので、ライト(志尊淳)たちは街へ出ることに。

ただし、ヒカリ(横浜流星)だけは居残るのだという。

手にしている文庫本のタイトルは、<名探偵 vs 天才刑事 消えた財宝の謎>。

ちょうどいいところで、どうしても犯人を知りたいらしい。


というわけで、ヒカリを除いた4人で駅を出たのですが、たいへんな事態に。

なんと、いきなり、逮捕(たいほ)されてしまいました。


現れたのは、取手権左衛門(とりで ごんざえもん:小西博之)というヘンテコな刑事さん。

これは、どういうこっちゃ!


取手権左衛門(小西博之)


訳も分からないまま連行される、ライト、トカッチ(平牧仁)、ミオ(梨里杏)にカグラ(森高愛)。


トカッチは、叫(さけ)んだ。

「明らかに、これは誤認逮捕(ごにんたいほ)です!」


(四人逮捕でも、誤認逮捕――いや、すみません)


取手刑事の言い分は、こうでした。

最近、この街で、盗難事件(とうなんじけん)が相次(あいつ)いでいる。

宝石店、骨とう品店、時計店と、街中のいたる所で、泥棒(どろぼう)に入られたらしい。


でも、なぜ、ライトたちに容疑(ようぎ)がかけられたのか?


取手刑事の言うことは、もう、ムチャクチャでした。

4人は事件に、関係あるかもしれないし、関係ないかもしれない。

「だから、何となく逮捕してみることにしたってわけだ」なんて、言っちゃったよ。

一応、犯人は必ず犯行現場に戻る、ってことも考えてるらしいけど。


どっちにしても、ハチャメチャです。

これが通ったら、冤罪(えんざい)だらけになっちゃうよ。


ライトたち 4人は叫んだ。

「悪徳警官(あくとくけいかん)だ~~っ!!」



烈車からも、その様子が見えました。

なので、車掌(関根勤)さんやワゴンさんも、あたふた。


さすがのチケットくんも、あわてています。

「トッキュウジャーが、前科一犯(ぜんかいっぱん)なんてことに~!」


と、動じない男が、ひとりいましたよ。

「う~ん…なるほど」

思慮(しりょ)深そうなこの背中、ヒカリだ。

「これは、ほっとくわけには、いかないよな」

けん玉を手に、言い切ったぞ。

「真犯人(しんはんにん)を突きとめて、みんなの濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)を晴らすしか、方法はない」



こちらは、シャドーラインの基地、キャッスルターミナル。


グリッタ嬢は、心の中で、誓(ちか)っていました。

<わたしは、皇帝のお妃(きさき)になんか、ならない>

<絶対に…>


手にしているのは、もちろん、あのハンケチです。

<シュバルツ様…。わたしの心は、あなたに…>


そんな乙女を後ろから密かに見ている、シュバルツ将軍。

「フ…」という笑いが、気になります。


(乙女を裏切ったら、怖いで)



さて、ノア夫人は、作戦を開始しているようです。

ソウジキシャドーを駆(か)って、キラッキラを集めているらしい。

それを、娘の嫁入り道具にするつもりだ。


闇の皇帝ゼット(大口兼悟)は、キラキラが好きですからね~。

キラッキラ、キラッキラ、スタ~、スタ~♪

キラッキラ、キラッキラ、スタ~、スタ~♪



ライトたち4人ですが、きらり台警察署に連行され、牢屋(ろうや)に入れられちゃいました。

誰か、弁護士、呼んであげて~。



さあ、ついにヒカリが始動します。


ん?

なぜか、ジーンズにジージャンという姿になってる。


いや、車掌さんまで、顔つきが違うぞ。

「頼んだぞ、けん玉」

眉間(みけん)に、シワなんか寄せちゃってさ。


ヒカリは答えた。

「はい、ボス!」


こっ、これは、金曜夜8時の覇権(はけん)を、ワールド・プロレスリング、金八先生と共に争った、あのドラマか。

そう、太陽にほえろ!





新人デカは、とにかく走る。

走って、走って、走りきる。

そしてボスは、ブラインドから覗(のぞ)く。


トッキュウジャー 太陽にほえろ


近所の奥さんに、聞き込み。

そして、走る。

チンピラは締め上げて、口を割らせる。

なぜか、電柱に隠(かく)れる。

パスを、警察手帳風に見せる。


そして、ヒカリは気づいた。

「まずは、証拠(しょうこ)と犯人を、見つけることだな」


今さらかいっ!!!!



!!!


ガラスの割れる音が。

お店に、シャドー怪人が侵入(しんにゅう)したようだぞ。

これがノア夫人が言っていた、ソウジキシャドーか。

おっと、店にある蛍光灯(けいこうとう)を吸い込んじゃった。

なるほど、キラキラするものを集めているわけか。

掃除機のような鼻で、いろんな電化製品を、吸いこんでら。


ソウジキシャドー


そこに、ヒカリが駆けつけました。

「シャドー怪人、そこで何してる?!」


「見ての通りの、泥棒(どろぼう)だ!」と、ソウジキシャドー。

いきなり、真犯人が判明。

推理するヒマもなし。

「なんか文句(もんく)あっか?」と、居直(いなお)ってますよ。


さあ、ひとりだけど、変身だ。


<変身いたしま~す>

「トッキュウチェンジ!」

<白線の内側に下がって お待ちくださ~い>


トッキュウ4号、ピカッと参上!


キリマスモードで斬(き)りつける、4号。

戦いながら、問いただします。

「テレビやレンジを盗んで、どうするつもりだ?」


でも、ソウジキシャドーは、鼻を鳴らすだけでした。

「フン! 教えるわけがないだろ!」

4号の剣を受け切ると、わき腹に、キック、キック。

「返してほしけりゃ、返してやるぜ!」


あっと!

左手のソウジキ系アームを、逆噴射(ぎゃくふんしゃ)させたぞ。

吸ってたのは、鼻じゃなくて、こっちだったか。


電子レンジに、テレビや電灯。

吸い込んでた電化製品が、4号に向かって飛んできます。


何とか避(よ)けたトッキュウ4号でしたが、ソウジキシャドーには逃げられてしまいました。

泥棒だけに、逃げ足には自信があるようです。



残された、品々。

そして、今まで盗まれた商品。

電化製品に、宝石、時計。


4号は、ピンと来たようですよ。





烈車戦隊トッキュウジャー きゃらっち! 烈車戦隊トッキュウジャー



TOEI HERO NEXT『俺たち賞金稼ぎ団』オフィシャルムック?ROLL CHANGE? (TOKYO NEWS MOOK)






[第14駅 Bパート]


さて、ライトたちですが、なぜか留置所(りゅうちじょ)の中で、取り調べが行われています。

デスクライトで顔を照らされ、机(つくえ)をバンッ! と叩(たた)かれ、取手刑事に「吐(は)け!」と迫(せま)られてますよ。

そしてついに、あのキーワードまで出た。

「正直に、やったと言ってくれれば、カツ丼、食わしてやるんだけどな~」


そう、取り調べといえば、カツ丼だ。


そして、これに反応した男がいました。

「はい! オレたち、やりました!」

元気よく、ライトが手を上げたのです。


食べれりゃ、何でもいいのかよ~。

カツ丼、おいしいけどさ~。


まさか、これが自白に?

起訴(きそ)されて、裁判にかけられ、法廷画家に描かれる?


トッキュウジャー 逮捕


イヤ、イヤすぎです。

そのまま敗訴(はいそ)して、無実の罪で、服役(ふくえき)?


トカッチたちは、もう泣きそう。

ライトだけは、もりもり、カツ丼食べてますけど。


「これにて、一件落着(いっけんらくちゃく)!」

高笑いする取手刑事の耳に、何か聞こえてきましたよ。


これは、けん玉の音か?

ということは、ハッ!

ヤッターマン?!





いや、違うぞ。

ちなみに、ゼンダマンのケンダマコルトの音でもない。

現れたのは、ヒカリだ。

インバネスコートに、鹿撃ち帽。

まるでシャーロック・ホームズじゃないか。


歩み出たヒカリは、取手刑事に言いました。

「こいつらは、無実だ」

「真犯人は、別にいる」



でも、取手刑事は、目を丸くするばかりです。

「貴様(きさま)…何者だ!」


さあ、ついに名乗るぞ。

「けん玉片手に、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ」

「フラフラしつつ、隠れた事実に、光を当てる!」

「人呼んで、けん玉探偵ヒカリ!」



ババ~ン!


(フラフラって…)


さあ、取手刑事ですが、ポカ~ンとするのかと思いきや、不敵に笑っています。

「ほっほう~、おもしろい」

「ならば、貴様の推理を、聞かせてもらおう」



けん玉をパイプのように持ち、ヒカリは推理を披露(ひろう)した。

「一連の犯行には、共通の手口と、共通の目的があった」

「壁(かべ)に穴を開け、中へ侵入」

「掃除機を使って、一気にキラキラしたものを強奪(ごうだつ)し、逃げていく」

「すべての犯行は、一貫(いっかん)して、キラキラを集めるための犯行」

「言うまでもなく、同一犯(どういつはん)」

「そして、その犯人とは…」


(ゴクリ)

「シャドーラインの怪人、ソウジキシャドー!」


が、取手刑事は納得(なっとく)しません。

「バカ野郎!」と、クマのように吼(ほ)えちゃったよ。

「そんなふざけた推理がまかり通れば、警察はいらねえよ!」


じ…自分のことは、棚(たな)に上げて…。


「あ~、面倒(めんどうだ)だ!」

ヒカリを突き飛ばすと、取手刑事、手錠(てじょう)を取り出しちゃったよ、おい。

「面倒だから、おまえも、逮捕するぞ!」


一番、タチ悪いじゃねえか。


と、そこに、取手の部下が飛んできました。

(その部下にぶつかられて、本当に飛んだのは、ヒカリでしたけど)

なんでも、銀行で金の延(の)べ棒(ぼう)30キロが、盗まれたそうだ。


取手刑事はパトカーに乗り、現場へ。

一応、容疑は晴れたようですね。

ヒカリの活躍 ―― ってわけじゃなかたけど…。


というわけで、ライトたちは釈放(しゃくほう)されました。

でも、ソウジキシャドーを追わないといけない。

さっそく現場へ…。


と思ったら、ヒカリが止めた。

「待ってくれ」

「今から行っても、ソウジキシャドーは逃げたあとだ」

「それよりも、次の犯行現場へ、先回りするんだ」



自信たっぷりに言ってますけど、次の犯行現場、分かるんだろうか?


「だいじょうぶ」と、ヒカリは言った。

「そのために、オレがいるんだ」



千両寿司。





え?

ここが次の犯行現場?


ヒカリとカグラは、アンパンを手に、張り込みしてます。

昭和の刑事ドラマを、忠実(ちゅうじつ)に再現してるな。

ちゃんと、ビン牛乳も持ってるし。


でも、何で寿司屋?

前は、骨とう品店や、宝石店だったぞ。


って、本当に、ソウジキシャドーが出て来たよ。

ビンゴだ。


理由は、寿司桶(すしおけ)の中にありました。

コハダ、サバ、アジなど。

そう、ヒカリものです。

これがソウジキシャドーの獲物(えもの)だった。

(キラキラしてるから)


さあ、変身だ~

と思ったら、無言でヒカリが止めました。

ん?

泳がせるつもり?



何も知らないソウジキシャドーは、廃工場へ。

ここに盗んだものを、置いてあるわけだ。

にしても、いろいろ集めたな~。

神輿(みこし)まであるぞ。


「そこまでだ!」

さあ、満を持して、7人の刑事ならぬ、5人の戦士が登場。


驚くソウジキシャドーに、ヒカリは言った。

「簡単なことだ」

「寿司屋の前から、おまえを尾行(びこう)してきたんだ」



まっ、まんまだ。


とっ、ともかく、戦おう。


<変身いたしま~す>

「トッキュウチェンジ!」

<白線の内側に下がって お待ちくださ~い>


熱血デカ? 大食いデカ? トッキュウ1号! ハッ!

おとぼけデカ人情派、トッキュウ2号! 泥棒は犯罪です。

ああ逮捕されたい、トッキュウ3号! ハッ!

推理力ですべてを見抜く、トッキュウ4号! ハッ!

ミニパトをデコりそう、トッキュウ5号! ハ~イ!


愛と死と憎悪が渦巻く、メカニカル・ライン。

非情なシャドー怪人に挑む、心優しき戦士たち。

彼ら、烈車戦隊トッキュウジャー!


さあ、出発進行だ!


5人に追いかけられるソウジキシャドーでしたが、奇策(きさく)に出ました。

近くにあるものを吸い込んで、それを逆噴射。

ぶつけてきたぞ。


トッキュウジャーたちは、ドラム缶などの山に、埋(う)められちゃった。


ここで4号が1号に、乗り換えを提案(ていあん)。

何か思いついたのかな。


<お急ぎの方は お乗り換え下さ~い>


レッドになった4号が、レールスラッシャーで斬りかかります。

グリーンな1号は、仲間を救助(きゅうじょ)してる。


レッドな4号 vs ソウジキシャドー。

1対1では、分が悪いか。

圧(お)されています。


あっ!!

ソウジキシャドーが物を吸い込もうとした時、それを阻止(そし)しようとしたレッドな4号が、ノズル系アームに、吸い込まれちゃったぞ。


でも、これ、作戦だったかも。

レッドな4号は、ダスト系パックを、中から切り裂いた。

これで、4号は復活。

そしてもう、ソウジキシャドーはノズル系アームを使えません。

命ともいえる掃除機袋を破られたから。


1号と4号は、乗り換えを解除。

合体武器で、とどめを刺(さ)しますよ。

撃つのは、トッキュウ4号だ。


レンケツバズーカ!

「レインボーラッシュ」

「寿司桶 ヒカリもの縛(しば)り!」



<出発進行~!>


飛び出した弾丸は、寿司桶に変身。

もちろん、中身は、ヒカリものでいっぱいです。

それがぶちまけられて、ソウジキシャドーを強襲(きょうしゅう)。

最後は寿司桶が当たって、爆発しちゃった。


レインボーラッシュ 寿司桶 ヒカリもの縛り!


実は、思わぬ拾いものがありました。

ソウジキシャドーが盗んだ物の中に、サポート烈車があったのです。


っとと、地響(じひび)きとともに、ソウジキシャドーが巨大化復活したぞ。


1号はさっそく、新しいサポート烈車を、使てみることにしました。

<烈車が参りま~す>

<ポリスレッシャー! ポリスレッシャー!>


ポリスレッシャーは、サポート烈車の中で、一番のスピードを誇(ほこ)ります。

さあ、どんな活躍を見せてくれるかな。





烈車戦隊トッキュウジャー 乗り換えチェンジシリーズ トッキュウ4号



「刑事ドラマあるある」はウソ?ホント?―元刑事が選ぶ本当にリアルな刑事ドラマ大全







[第14駅 Cパートのあらすじ]


なんと、ポリスレッシャーの上部から、銃が出現。

これが、ポリスガンだ。

連射しながら、巨大化ソウジキシャドーに迫りますよ。


ここで敵は、クライナーロボを呼んだ。

砲撃でポリスレッシャーを狙いますが、当たりません。

さすが、一番のスピードだ。


っと、ようやく、仲間の烈車が追いついてきました。

烈車合体!

完成、トッキュウオー!


ここに、ポリスレッシャーが、烈車武装するぞ。

両腕部分に、連結完了。

右手に拳銃、ポリスガン。

左手に手錠、ポリスワッパー。

悪を追跡して捕える、トッキュウオーポリスだ!


まずは、クライナーロボと、銃撃勝負。

互いに狙いを定め、撃ち合います。


続いては、手錠だ。

ポリスワッパーで、胴体をつかんだぞ。

至近距離から、弾を撃ち込んでやれ。


放り投げられたクライナーロボは、爆発。

葬(ほうむ)られました。


おっと!

巨大化復活したことで、ダスト系パックも修復されているぞ。

ソウジキシャドーは、ソウジキ系アームで、トッキュウオーポリスを吸い込むつもりだ。


!!


いや、そう見せかけての、逆噴射!


これはすごい風圧だ、トッキュウオーポリスはもう、倒れそうです。


と、ソウジキシャドーが、背後に回って、攻撃してきたぞ。

足の速さを、攻撃にも使いはじめたんだ。

ヒット・アンド・アウェイで、翻弄(ほんろう)する。


ここは、敵の動きを止めねばなりません。

が、銃で狙うも、なかなか当たらない。

こいつの逃げ足、やっかいです。


が、トッキュウ1号には見えた。

敵の動く先が。


!!


ついに、銃弾が命中しました。

大きな火花が散り、敵の足が止まります。


1号&4号が、叫んだぞ。

「ソウジキシャドー、おまえを逮捕する!」


まずは、ポリスワッパーで拘束(こうそく)。

動けなくしたところで、これだ。

一気に決める!

ポリススマッシュ!


銃弾の雨あられを、浴(あ)びせました。

窃盗(せっとう)の罪(つみ)と共に、ソウジキシャドーを粉砕(ふんさい)だ。


逮捕はしてないけど、まあいいか…。


トッキュウジャー


これにて、一件落着(いっけんらくちゃく)!


かと思いきや、まだやることが残ってました。

取手刑事に電話して、ソウジキシャドーが盗んだ物を、返したのです。

これで、ヒカリが名探偵だって、証明できたかな。


これで本当に、一件落着。

後は烈車で、ヒカリものパーティーだ。


名探偵ヒカリ、大活躍の巻でした。


そして車掌さんは、まだボスのままなのでした。


ボスな車掌さん

勤務中なので、ブランデーではなく、ウーロン茶。


◇感想◇


警察や刑事がモチーフの今回。

相棒でも、特捜最前線でもなく、太陽にほえろできたか。

前の2つは、ゴーオンジャーやデカレンジャーでやってるしね。


遊び心のあふれる回でした。

にしても、カツ丼、うまそ~。





烈車戦隊トッキュウジャー 烈車合体シリーズ9 ポリスレッシャー













来週の烈車戦隊トッキュウジャーは――


トッキュウジャー 来週の予告

第15駅「心の中にあるもの」


カワイイ敵が、やってきたぞ。

シュウマイ大好き、マイッキー!

ミオは、メロメロ?




今週のおまけ

今週のおまけ

左上:伊豆急行「2100系 アルファリゾート21」。
右上:那智急行・JR西日本「HOT7000系 スーパーはくと」。

左中:上毛電気鉄道「700形」。
右中:アンパンと牛乳で、張り込み。

左下:迷刑事 vs 名探偵。
右下:カツ丼、うまそ~!




<<「消火器? ファイヤーレッシャー vs ルーペシャドー/第13話」
   「ゆるキャラ マイッキー vs ハンマーシャドー/第15話」>>




「烈車戦隊トッキュウジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」



 → 「獣電戦隊キョウリュウジャー 目次」
 → 「特命戦隊ゴーバスターズ 目次」
 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」
 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  烈車戦隊トッキュウジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■