ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
烈車戦隊トッキュウジャー

第9駅「思いは片道切符」


(ネタばれ注意)


マリオネットシャドー 登場!
大失恋駅 作戦。


<ミオちゃんってば、恋愛になると、急に残念なことになっちゃうのね>



恋愛がらみが苦手なミオが、ひとめぼれ?

ゲキチョッパー・久津ケンでもおなじみ、聡太郎さんが出演。

ディーゼルオー、激しく完成だ!



ヒーロークラブ 烈車戦隊トッキュウジャー VOL.1 [DVD]





[前半のレビュー]


レインボーラインの烈車が、メンテナンスされることになりました。

この前の爆弾騒ぎのせいか、調子がよくないらしい。

ライト(志尊淳)たちはしばらく、烈車を降りなければならなくなっちゃいました。


というわけで、まずはサポート烈車に乗り換え。

ディーゼル烈車で自然豊かな場所を走り、旅行気分に。

「北伍城(きたごじょう)」は、観光地としても有名な街です。

せっかくなので、降りて散策することにしました。


まずは水車の前で、みんなして記念撮影。

お次は、北伍城歴史博物館へ、ゴー!

これらを仕切るのは、ミオ(梨里杏)です。

はしゃぎがちなライトを、注意する。


それを見て、ヒカリ(横浜流星)は言った。

「ああいうとこ、大人になっても変わらないな」

学級委員のままですね。



シャドーラインでは、ネロ男爵が何やら作戦を発動するようだぞ。

配下のシャドー怪人と、連絡を取り合っています。


って、このマリオネットシャドーの声、悪党っぽいぜ。

とか思ったけど、石田彰さんではなく、内山昂輝さんだった。

似てるな。



いつの間にか、ライトとミオが、北伍城春まつりに参加してる。

それも、<ラブラブ障害物ゲーム>だってさ。


優勝賞品は、北伍城まんじゅう食べ放題。

ライトはこれにつられ、出場したのでした。


このゲーム、男女ペアでの参加が必須です。

なのでライトはミオの手を引っ張り、申し込んだ。


でも、ミオは恋愛がらみの話が大の嫌いときている。

カップルでの参加ね、と受付て言われたとたん、「違う!」と、ライトを思いっ切り突き飛ばしたのでした。


ライトは宙を舞い、1回転して、ゴミ箱に頭をゴツン。

こりゃ、苦手ってレベルじゃないですな。


と、こんなこともありながら、ミオはゲームに付き合うことに。

恋愛がらみは苦手だけど、世話焼きで、人のことが放っておけないのです。

そして、やるからにはキッチリやりたい性分。

「ライト、やるからには、絶対勝つよ!」と、気合が入ります。


このゲーム、男女ペアで障害ををクリアし、ゴールを目指すもの。

ペアは互いに手をつなぎ、その手は紙テープで結ばれている。

途中で紙テープが切れてしまったら、失格です。



さあ、進行役(おむすび)の合図で、ヨーイドン!

まずは、網をくぐりますよ。


おっと、相手チームがリードした。

男性が女性をかかえ、平均台を渡りはじめました。


そうか!

ライトは、ピンときました。

抱えれば、いいんだ。


さっそくミオを抱きかかえようとしましたが、これがいけなかった。

恋愛関係NGのミオは、「キャー! ちょっと、ヤダ!」と、ライトを突き飛ばしちゃいました。


恋愛がらみが苦手なミオ


その際、紙テープが切れ、ライト&ミオのペアは失格。

残念!

食べ放題は、夢と消えてしまいました。



!!!


人々の悲鳴がっ!

クローズが現れ、祭りに参加していた人たちを襲っています。


ライトたちは、あわてて変身。

今回の白線は、円形だ。

ちょうど、ライトたちが白線(円)の内側で変身している格好。

クローズたちは、白線より先には入れないようですね。


あっ!

ミオだけは、まだ変身してませんでした。


トッキュウチェンジャーにセットしようとしたところ、男性がクローズに襲われているのが目に入った。

って、さっきの対戦相手の男性か。


「あぶない!」

ミオは変身をやめ、男性をかばいました。

「早く逃げてください!」


でも、逆に、男性に助けられた。

後ろからクローズに襲いかかられたのですが、それに気づいた男性がミオの肩をつかみ、一緒に伏せたのです。


いきなりの密着に、ミオはドキリ!

固まっちゃいました。


クローズたちに囲まれた、ミオと男性。

男性がミオの手を引いて、逃亡を図ります。


「ここにいろ」

男性はそう言うと、ひとりでクローズたちに立ち向かっていきました。


格闘技でもやってるのだろうか、男性はクローズたちを蹴散らしてしまった。

敵はあっさり、クロクロ言いながら、退散しちゃいました。


「ケガはないか?」

やさしく気遣う、男性。

ミオの頭に手を置くと、こんなことを言った。

「女の子なんだから、あんまり無茶するな」

「守られる方が、似合ってるよ」



ミオが胸キュン


そのまま男性は行ってしまったのですが、気がつくと、サイフが落ちてた。

(ラッキー! 警察に届けて、1割もらおう!)



5人は、ディーゼルレッシャーに戻りました。


ヒカリは言った。

「みょうだね」

(いや、「ミオだね」とかけたんじゃないよ)

「クローズしかいないなんて」


シャドー怪人がいないと駅を乗っ取れないはずなんですが、どういうことだろう?


みんなが相談している間も、ミオはさっきのことを考えていた。

サイフはやはり、あの男性のもののようです。

免許証で、それが確認できました。


あら!

そんな様子をワゴンさんに見られ、ちょっとした騒ぎになったぞ。

「いやん♪」

「これは完全に、ひ・と・め・ぼ・れ♪」



これに、ミオは狼狽(ろうばい)。

「違う!」と、みんなにお茶をかけちゃった。


ミオの ひとめぼれ

(まつ毛が、かわいいな)




街では、奇妙なことが起きてました。

女子高生(濱頭優)がクローズに襲われ、それを男子高生(伸輝)が助けた。

次に、OL(神永舞花)が襲われ、サラリーマン(新田健太)がこれも助けた。

こんな事件が続発。

ピンチを救ってくれた男性に、女性が ひとめぼれする格好か?



さて、ミオですが、心ここにあらずです。

掃除してても、俺の空 ―― いや 上の空。


あら、ワゴンさんったら、財布の中身を勝手に確認してる。

名刺が入ってますね。

男性の名前は、千葉徹(聡太郎)。

マーケティング部のブランドコネクションディレクターだとさ。

うわっ!

ワゴンさん、書いてある番号に 電話しちゃったよ。

しかも、呼び出しておいて、電話をミオに渡しちゃいました。

サイフを返すのもありますが、「ほら~、また会えるチャンス♪」というわけです。


ワゴンさん、女子だな~。

(「じょし」と読むのと、「おなご」と読むので、印象が変わる)


突然のことにドギマギするミオでしたが、出ないわけにはいきません。

と、ツンツンモードが発動。

「あの! お財布、あずかってます!」

「返してほしければ、1時間後に、さっきのゲームやってた広場に来てください。じゃあ!」


それだけ言うと、切っちゃいました。


あちゃ~。

これじゃあ、誘拐犯からの脅迫電話だ。


「いやん♪ デートよ~」と、ワゴンさん。

「ねっ? ミオちゃん?」


すると、ミオが返した。

「違います!」

「これは…決闘だよ!」



はっきり答えること(決答)でも、党派をつくること(結党)でも、先祖代々の血筋(血統)でもなく、ましてや、血液中に含まれる糖分(血糖)でもない。

デュエル! 決闘です。


ミオは口をとがらすと、サイフを持って、プイッと行っちゃいました。


ワゴンさんは、もらした。

「ミオちゃんってば、恋愛になると、急に残念なことになっちゃうのね」

「かわいい~♪」




「そうだよ、決闘だよ!」

ミオは白い剣道着と袴(はかま)に身を包み、ハチマキまで巻いちゃった。

「ゲームで負けっぱなし、戦いで助けられっぱなしなんて、トッキュウジャーとして許せないし!」


なんか、気合の入れ方が間違ってるような気がする。

恋愛話のはずなのに、後ろには炎が。

なぜ、竹刀を振るのだ。


でも、千葉のことを想うと、胸がキュン。

(これは、持病の癪(しゃく)かしら)

イケメンに、頭に手を置かれちゃった。


ノット・イケメンなら回し蹴りだけど、頭に手を置くのは、壁ドンと共に、流行りらしい。

壁ドンは、謎の怪獣カベドンのことではなく、もちろん、これのことでもない。


壁ドン


そんなことを考えてたら、いつの間にか、おにぎりを握っちゃってました。

愛情たっぷりのお弁当が、完成した。


ちなみに、今週登場したゲームの進行役は、おむすびさん。

ダウンタウン松本さんの後輩は、おにぎりさん。

どちらも、大きい。




白い道着に、紺袴。

ハチマキ巻いて、ミオは出発。

「じゃあ、ちょっと、お財布返して、勝負してくる」

なんて言ってますけど、竹刀と共に手にしてるのは、ラブラブ弁当なのでした。


ひとめぼれで決闘



◇感想◇


千葉徹 役を演じる聡太郎さんは、ゲキチョッパー・久津ケンでもおなじみ。

つまり、戦隊の先輩だ。

ヒゲがないので、分かんなかったよ。

印象、変わるな~。

聡太郎さん



さて、今回は、ミオの回だ。

優等生タイプのミオですが、恋愛関係は苦手みたい。

とたんに残念な感じになっちゃいます。

でも、そこがカワイイ~。


さて、この先、どうなるかな?



って、あれ?

千葉って、あのゲームに、ペアで参加してたんじゃね?





烈車戦隊トッキュウジャー 乗り換えチェンジシリーズ トッキュウ1号



帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER スペシャル版(初回生産限定) [Blu-ray]


東映ヒーローキャストPHOTOBOOK S.H.T.(スーパーヒーロータイム)2014 spring (ホビージャパンMOOK 555)






[第9駅 後半のあらすじ]


厳しい表情で歩を進める、ミオ。

ホントに決闘しそうな趣(おもむき)だ。


でも、お弁当を見ると、ニッコリ。

乙女な心が、顔を覗かせます。


(心の中は、グリッタ嬢と一緒よ)


と、いきなり、声をかけられた。

「すっごい勇ましいね」

「剣道の試合?」


千葉です。


ドキッとしたミオですが、意を決して、紙袋を差し出しました。

「どうぞ」


そっけない態度だけど、いいな~。


「へえ~、お弁当」と、千葉は笑ってくれた。



が、その影で、シャドー怪人<マリオネットシャドー>が暗躍していました。

「そろそろ仕上げかな?」

目が妖しく光ったぞ。



その時、千葉にも変化が。

マリオネットシャドーから伸びた糸が、千葉にくっついたかと思ったら、顔色が変わった。

「こういうの…迷惑」

弁当を地面に落とすと、思いっきり踏んづけたぞ。

それも1回じゃない、サソリでも踏みつぶすかのように、何度も何度も踏んづけた。

しまいには、蹴飛ばしちゃいました。


ミオはもう、呆然(ぼうぜん)です。

何も考えることができない。

ひょっとしたら、目の前が真っ暗だったかも。



実はこれと同じことが、街のいたる所で起きてました。

男子高生は、助けた女子高生と一緒に撮ったプリクラを、踏んづけてる。

あ~あ、女子高生は泣いちゃった。


さっきのOLとサラリーマンも、同じ感じに。


これが、今回のシャドーの作戦なのです。

まずは、ひとめぼれの出会いを演出。

盛り上がったところで、マリオネットシャドーの能力で男を操り、ひどい別れ方をさせる。

それにより、心の闇を集める作戦だ。


街のあちこちで、女性が泣いている。

そして、心の闇が狼煙(のろし)のように、立ち上っていた。


高らかに笑う、マリオネットシャドー。

「よしよし!」

(この感じ、やっぱり、石田彰さんっぽい)


マリオネットシャドー


ああっ!

駅名が、<大失恋駅>に変わった!



ん?

立ちつくすミオを見て、マリオネットシャドーが首を傾(かし)げてるぞ。

「あの女、なんで、闇を生み出さないのかな?」

「確かに、気持ちを踏みにじったのに」



無残な姿になった弁当を見つめていたミオですが、やがて、千葉の財布を拾い上げました。

(また落としたのかよ、おい)


千葉はまだ、その場に残ってた。

でも、操られてるので、様子がおかしいぞ。


闇を生み出さないミオにイラついたか、マリオネットシャドーはビルの上から大ジャンプ。

ミオの前に降り立ちました。

「他の子たちみたいに泣いて、闇を生み出してみなよ」

語りかけ、心に揺さぶりをかける。

「失恋なんだよ? 胸が痛いよね?」


「わたし…」

ミオは、カッと目を見開いた。

竹刀を握り、突く!

「全然、平気だから!」


これがノド元に決まり、マリオネットシャドーは吹っ飛んだぞ。

お見事! 突きあり、 1本!


「どうして…?」

マリオネットシャドーは、うろたえます。

なぜ、平気なんだ?

悲しくないのか?


ミオは言った。

「だって、わたし、最初から、勝負するつもりで来てるから」

キリッとして、右腕にトッキュウチェンジャーをセット。


ここで初めて、マリオネットシャドーは気づいた。

「あっ! おまえ、トッキュウジャーなんか引っかけてたの?」

「バカ!」


千葉に向かい、何か投げたぞ。


「!」となったミオが、横っ飛び。

千葉を助けます。


そのショックで、千葉は正気に戻ったようだ。

「あれ? 何やってんだ? オレ…」


ミオは言った。

「わたし…やっぱり、守る方が落ち着くみたい」

サイフを渡すと、ニッコリと笑いました。


おっと、ここでマリオネットシャドーは、クローズ軍団を召喚(しょうかん)。


千葉を逃がして、ミオが変身する。

「トッキュウチェンジ!」

<変身いたしま~す>

<白線の内側に下がって お待ちくださ~い>


いきなり、シンゴウハンマーで、地面をドカ~ン!

地面が爆(は)ぜて、クローズたちが吹っ飛んだ。


全然、平気だから!


そのまま、マリオネットシャドーに向かったぞ。

ハンマーで、殴り倒したれ。


が、相手はシャドー怪人だ。

クローズのようには、いかない。

「ふっ、やるね」

「でも、ここまでだよ~!」


ハンマーを受け切り、弾き返した。


ゴロゴロと地面を転がる、トッキュウ3号。


「いけ! マリオネット!」

マリオネットシャドーは、妖しげな人形を2体取出し、投げた。


おっと、このマリオネットが、トッキュウ3号に襲いかかったぞ。

マリオネットシャドーは、両脚のドール系マリオネットを分身のように操ることができるのだ。


「くらえ!」

さらに、大きな操り系カッターを投げつけた。


さあ、ピンチです。

直撃を受けた3号は、変身を強制解除。

地面を転がりました。


あざ笑う、マリオネットシャドー。

「ハハハハ!」

「自分を守るのは、ヘタみたいだね」


また、操り系カッターを、かまえます。

「これで終わりだ!」


!!!


マリオネットシャドーの胸に、銃弾が命中。


仲間が駆けつけたのです。


ライトは、ミオに言った。

「(自分を守るのは)ヘタでいいんだよ」

「オレたちが、守るから」



そう、補い合ってこその仲間。

色とりどりが組み合わされてこその、戦隊だ。


さあ、いってみよう!

5人そろって、トッキュウチェンジ。


<変身いたしま~す>

<白線の内側に下がって お待ちくださ~い>

<トッキュウ1号 2号 3号 4号 5号>


勝利のイマジネーション!

烈車戦隊、トッキュウジャー!

出発進行だ!


っとと、5号(ピンク)が3号(イエロー)を呼び止めたぞ。

「ミオちゃん!」

「頼りないかもだけど、時々は、学級委員役、交代させてね」



というわけで、乗り換えチェンジ。

<お急ぎの方は、お乗り換え~ください>

<トッキュウ5号 ピンク 乗り換えて イエロー>


さあ、イエローになった5号が、敵に飛び込んでいった。

1号、2号、4号と共に、マリオネットシャドーに斬りかかります。


ピンクな3号は、頼もしく思った。

仲間が心配してくれて、力を貸してくれる。

自分が多少足りなくても、ちゃんと補ってくれるんだ。

そして、自分もみんなの、力になれる!


「よ~し!」と、ピンクな3号。

「みんな、ちょっと、どいて!」

走り込んで~の~、「テッキョウクロー!」

1回転して、ザクッ!


さあ、ラッシュ、ラッシュだ!

カッターを蹴り落とし、後ろに回ったら、ひざ裏の腱を切り裂く。

(よい子は、ひざ裏の腱を切ったら、ダメだぞ)

その上で、投げ飛ばした~~っ!


ここで、3号と4号が元に戻りました。


トッキュウ3号が、シンゴウハンマーを思いっきり、振り上げる。

「いくわよ~!」


これが、マリオネットシャドーのアゴにヒット。

数メートル飛んで、地面に激突したぞ。

ナ~イスショット!


よし、とどめといこう!

専用武器を合体、レンケツバズーカ!

撃つのはもちろん、3号です。

「レインボーラッシュ プレゼント倍返し!」


<烈車が発車いたしま~す>

<出発進行~>


むっ!

弾丸が、プレゼントの箱に変化。

敵の頭上へと舞い上がったかと思ったら、中から出てきた。

巨大な、オニギリだ!


急降下してきた巨大オニギリに つぶされ、マリオネットシャドーは爆発。

倒されました。


レインボーラッシュ プレゼント倍返し!


っと、いきなり巨大化復活だ。

「ならば、倍々返しで、攻撃してやる!」

マリオネットシャドーの怨みは深そうだぞ。


こうなればトッキュウオーでいきたいところですが、あっ!

メンテナンス中だった!


というわけで、ここは、サポート烈車を召喚します。

ディーゼルレッシャー!

タンクレッシャー!

カーキャリアレッシャー!

3台を呼んだぞ。


おっと、チケットくんから、朗報がもたらされました。

「言うの忘れてましたけど~、サポート烈車同士でも、合体できますから~、適当にやっちゃってください!」


とくれば、さっそく、烈車合体だ。


1号が半身を乗り出し、指さし確認します。

「前方よし! 後方よし!」

「合体準備よ~し!」



連結×連結!

ディーゼル×タンク×カーキャリア!

制限解除!


今回のアナウンスは、ワゴンさんだ。

「毎度ご乗車、ありがとうございま~す♪」

「ディーゼルオー 激しく完成いたしま~す♪」


(遅れちゃ、いや~ん♪)

(あなた元気? わたしキンキ)



乗車完了、ディーゼルオー!


乗車完了、ディーゼルオー!


武器を持たないディーゼルオーですが、パワーそのものが武器だ。

パンチもキックも、一撃一撃が重い。

押せ押せだい。


が、ここでマリオネットシャドーが奇策に出た。

糸で人形のように、ディーゼルオーを操ろうとしてます。


マズイ!


そう思ったのも、束の間。

ディーゼルオーのパワーは、こんなもんじゃなかった。


ピストンが動くと、パワーが全身にみなぎります。

力を込め、糸を引きちぎっちゃったよ、おい。

パワーが、ダンチだ。


強烈な技が飛び出したぞ。

ディーゼルオーインパクト!

地面を殴って、衝撃波を伝えます。


(あとで市の土木課に怒られそうだ)


1号が叫ぶ。

「見えた! おまえの終着駅!」


巨体を揺らして走り込み、ジャンプだ~!

「ディーゼルオー スピンキック!」


ドリルのように、つんざいた!


「パワーに負けた~!」

どてっぱらに穴を開けられ、巨大化マリオネットシャドーは爆発、砕け散りました。


ディーゼルオー スピンキック!
(前蹴り、ド迫力!)


さあ、戦いは終わりました。

メンテも終了したので、いつもの烈車に戻る。

みんなで、出発進行です。

ミオにも、笑顔が戻った。

恋は、もうちょっと先かな。


◇感想◇


得手があるのも、人間。

不得手があるのも、人間。


他人を守るのが得意な人もいる。

ただ、自分を守るのは下手かもしれない。


でも、それでいい。

仲間に守ってもらったら、それでトントン。

お互い様が、救ってくれます。


心の平安だって、お互い様精神の中にあるようですよ。





烈車戦隊トッキュウジャー 烈車合体シリーズ1-5 烈車合体DXトッキュウオー



烈車戦隊トッキュウジャー 烈車合体シリーズ6-8 烈車合体DXディーゼルオーセット












来週の烈車戦隊トッキュウジャーは――


トッキュウジャー 来週の予告

第10駅「トカッチ、夕焼けに死す」


トカッチが死んじゃう?

野球少年に、イマジネーションは伝わるだろうか?




今週のおまけ

今週のおまけ

左上:JR西日本「特急サンライズ出雲(285系)」。
右上:京浜急行電鉄「1500形」。

左中:JR貨物「EH200形式ECO-POWER(エコパワー)ブルーサンダー」。
右中:トッキュウジャーのスマートボール(昔、こういう玩具、よく売ってた)。

左下:乙女なミオ。
右下:ヘルメット越しの視線。




<<「じいちゃん烈車 ディーゼルレッシャー vs バクダンシャドー/第8話」
   「さよならトカッチ 弘樹少年への言葉 vs タイプシャドー/第10話」>>




「烈車戦隊トッキュウジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」



 → 「獣電戦隊キョウリュウジャー 目次」
 → 「特命戦隊ゴーバスターズ 目次」
 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」
 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  烈車戦隊トッキュウジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

烈車戦隊トッキュウジャーの第9話を見ました。 第9駅 思いは片道切符 烈車のメンテナンスのためサポート烈車に乗り込んだライト達は観光地として有名な街に立ち寄り、名物食べ放題という賞品につられたライトは男女ペアで競う「ラブラブ障害物ゲーム」にミオを巻き込んで参加する。 「ライト、やるからには絶対勝つよ!」 ゲーム中に現れたクローズ達との戦いの最中、ミオはクローズの攻撃か...
[ MAGI☆の日記 ]
 通常運行はもちろん、合体してロボに変形なんてしちゃったら、相当に燃費悪そうだけど。その燃料代も全て、トッキュウジャーの肉体労働によって賄われるのかしら。なんと不憫な連中…。MAZDAに相談して、クリーンディーゼルに換えてもらいなよ(ムリ)。 最近はガソ
[ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■