ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
加藤諦三 著「自分に気づく心理学」(PHP)より。



「話が通じない人の心理」について書いてきましたが、ここからは同じ著者の「自分に気づく心理学」という本をテキストに、進めていきます。



第1章 ひとづきあいが苦しいのはなぜか?

(P10)なぜ人はささいな事実にも傷つくのか


事実とは一般に「実際に起こった事柄」のことをいうので、基本的には、誰にでも同じです。雨が降った、サッカーの日本代表が試合で勝った、道で犬に吠えられた、などなど。

このようなものは「起こった事柄」という意味では同じですが、「人によって全くその重みが違う」と、加藤諦三さんは指摘します。

確かに、「雨が降った」という事実は同じでも、人によって重みは違うかもしれない。ある人は「ああ、降ってるな~」と思う。別のある人は、遠足が中止になるなどして、ひどく悲しむかもしれない。また別の人は、水源のことを考え、喜ぶかもしれません。

サッカーの試合だって、応援している人にとっては一大事です。一喜一憂し、その日の精神状態だって、左右するかもしれない。でも、関心のない人にとっては、そうでもありませんね。また、応援している人にだって、温度差はあるかもしれません。

犬に吠えられることだって、驚く人もいれば、かわいい犬だと話しかける人だっているかもしれない。あるいは、個人的な経験により、ひどく恐れ、取り乱す人がいたっておかしくありません。

このように、人それぞれなんですね。「人によって全くその重みが違う」。加藤さんは、「この一点をお互いに理解することで人間関係の私的なトラブルはどのくらい避けられるか分からない」と言います。



それは、ある人にとっては、どうでもいいことかもしれない。でも、別のある人にとっては、すごく大切なことかもしれません。そして、大切なことを どうでもいいみたいに言われると、何か複雑な心持になってしまう。

あるいは、一方が「何でもない」と思っているような言葉で、もう一方がひどく傷つけられることもあります。言った方は忘れている。でも、言われた方はいつまでも覚えている。こんなことも、ありそうですね。

「あの人は○○だ」と、誰かが言ったとします。確かに、それは誰から見ても、事実かもしれない。でも、そう言われた相手は――それが本人であるかは別にして――ひどく傷つく場合もある。本では、例として、親戚の悪口や、友達の悪口について触れています。

言う方は悪口とも思っておらず、ただ事実を口にしただけかもしれない。ただ、それを言われて傷つく人が出たというのも、ここでは事実になります。Aさんが、「あの人は○○だ」と口にした。それを聞いたBさんは、「傷ついた」と言った。するとAさんは、「単なる事実だ」と返した。でも、Bさんにすれば、傷ついたのも事実なのです。



ある程度 自分を評価できて、ほどほどの自尊心を持つ人は、あまり傷つかないという。逆に、自分をあまり評価できず、なかなか自信を持てない人は、ささいなことで傷ついてしまう。他の人は気にしなくても、ひどく気にして、おかげでピリピリしてしまいます。





自分に気づく心理学






指で肌に触れる。

ある人はこれをされても、気にしないかもしれない。

でも、ひどく気にする場合も、あるでしょう。


(1) 慣れていない。

慣れてないことをされると、人は驚きます。

想定されてないことでも、驚くかもしれない。


(2) そこが傷になっていた。

傷に触れられると、痛むかもしれない。

痛まないにしても、治るまでは触ってほしくないと思う。

肌の傷は見えるけれど、心の傷はどうだろう?


(3) 相手による。

親しい相手ならいいけど、知らない人だと困る。

そんなケースも、あるかもしれません。



気軽にタッチするかのように、何かを言った。

でも、例えば上記のような理由で、相手は困った顔をするかもしれない。

そんな時に、どうするか?


ある人は、「こんな些細なことで」と立腹するかもしれません。

でも、事情を知れば、どうだろう?

傷に触れといて怒る人は、そんなに多くないでしょう。


ただ、誰もが事情を知るわけでもないのも、事実。

世界中の民よ、すべての事情を知れ! というのも乱暴な話です。

なので、これも、場合場合ですね。

事情を知らないのだからとスルーする場合もあれば、いつも関わるのだから事情を話そうと思うような場合もある。

関係ある人と、関係のない人。

この辺でも、違うのかなあ…。





「傷つきやすい人」の心理学 ~人間関係にとらわれなくなる本~






ある程度 自分を評価できて、ほどほどの自尊心を持つ人は、あまり傷つかない。

ここに、ヒントがありそうです。


そして、下の方で書いた傷の話と、自尊心についても、関係ありそう。

元になる、それでいて意識しにくい、そんな傷。





「第2回 なぜ、他人を怖れるのか?」>>




関連記事
[サイト内タグ]:  自分に気づく心理学



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■