ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
夜中に目が覚めて、どうしても寝付けなくなったのでパソコンを立ち上げたら、あれ? 起動しない?

<コンピューターを開始できませんでした>とのメッセージが。

<スタートアップ修復>なるものが推奨されていたので、それを試す。


スタートアップ修復






終わらない。


30分経っても終わらない。

1時間経っても終わらない。


キャンセルボタンを押しても、<現在の修復の操作は取り消せません>と出る。


スタートアップ修復


ど~いたらええがじゃ!( by 龍馬伝 )



強制終了しようかと思ったけど、怖いので止めにした。

で、無理やり寝る。


起きる。

まだ続いている。


出かけたい先があったので、朝食を食べて、出かける。

小1時間で帰る。

おっ! 終わってた!


<修復できませんでした>

何じゃ、そりゃ!


ともかく、シャットダウンはできたので、電源を落とす。

しばらく待つ。

我を空にして心を断つ、すなわち、断空我(ダンクーガ)。

ポチッとスイッチオン。


Windowsのロゴが出る。

立ちあがる。

いつも通りの画面。


あれ?

直った?



いや、ノートン先生がいつまでたっても起動しない。

手動でも無理。


で、再インストールしようとしたら、エラーが。

ん? ノートン先生絡みか?


幸い、インターネットにはつながるので、ノートン先生のエラー画面の指示に従い、「ノートンパワーイレイサー(NPE)」なるものをインストールする。

使用許諾契約の文言がバンッと出て、何だか怖い。

でも、同意して、リスクのスキャンを開始。


ノートンパワーイレイサー

ノートンパワーイレイサー


再起動したらスキャンを始め、1件のリスクが表示されました。

ともかくそれを削除。

(とあるフリーソフトのexeファイルだった)


で、CDからノートン先生を再インストール。

って、まだできない。

じゃあ、まず、アンインストールだ。


あれ?

削除できない。


エラー画面の指示に従い、次は、<Norton Removal Tool>をダウンロード。

何だか、ガイバーが強制解除させられそうな趣がある。

インストールして、実行すると、削除できました。


これで、CDからノートン先生をインストール。

今回はさすがに、成功。

ライブアップデートを済ませ、スキャンして、何とか完了。



いや~ハードディスクが逝っちゃったかと思って、あせりました。

とりあえず、データをバックアップしとこ。





NORTON INTERNET SECURITY (最新版)


ノートン先生、年号表記やめたのね。

箱も、レトロ。




関連記事
[サイト内タグ]:  インターネット  パソコン



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■