ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
「普段はいい人なのに…」、そんなことをコンプレックスは生じさせます。

普段はいい人、問題ない人、なのにある限定された話題になると、人が変わったようになる。

冷静でいられなくなったり、猛烈に怒ったり、それこそ、拳を振り回さんばかりの勢いになることもあるかもしれません。あるいは、おろおろしたり、いたたまれなくなったり。ともかく、普通でいられなくなります。

それが、コンプレックスの作用。



こういうのは実は、誰にでもあるものです。誰もが、何かしらのコンプレックスを持っている。

それは単に劣等感といったものだけではなくて、多彩な「心をかき乱すもの」です。


ただ時代が進んで便利になった分、コンプレックスに関しても、ややこしいことが起きているようです。

それは拡散とかいった問題。


情報を伝達する能力に長けた、メディアとかマスコミとかいうもの。インターネットだって、そうですね。

これが、コンプレックスをも拡散してしまうようです。というか、多くのものを伝達し拡散する中で、コンプレックスもまたその中に含まれている、ということなんでしょうけども。



先述の通り、コンプレックスは人を冷静でいられなくさせます。

ということは、評価を誤らせたり、事実誤認させることもある。

冷静な人なら小さく扱うであろうことを大きくしたり、多くあるうちのわずかな一部を探し出してそれがすべてのように思いこんでしまったり、あるいは敏感すぎることでいろんなことを混同し、結果、してないことをしたと勘違いすることもあるかもしれません。


こういうことは少なからず誰にでもあることですけれど、これがメディアに乗り、伝達拡散することで、とんでもないことになる可能性も、無いとは言えません。

というか、コンプレックスにやられた状態で積極的な発信者になると、やっぱり危ない。



時々、話題に上る人権擁護法案。

それに関する懸念も、上に書いたことと関連します。

人は誰でもコンプレックスを持っている。コンプレックスを持っている以上、冷静でなくなることがある。冷静でいられないと、判断を間違えやすい。

また、他者のコンプレックスに関する事柄に触れるのは気が引けるので、第三者もなかなかそれに言及できないし、検証しようとしない面がある。


感情の渦に呑まれやすいという現代社会の問題が解消しない今、この法案は時期尚早な感じがします。

なぜなら、間違いを犯したらたいへんだから。



「普段はいい人なのに…」

「いい人なのに…」


コンプレックスは、一時的だったり限定的であったりですが、人を変えます。

時には、判断の間違いを起こさせる。


このことを、もうちょっと考えてもいいのかもしれません。

でないと、いい人も間違ってしまう。





コンプレックス (岩波新書)




EMOTION the Best 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man [DVD]






そしてさらに現代日本の問題は、それに影響されることかもしれない。

一歩、立ち止まれない。

あれ? と思えない。

影響され、冷静さを失う。


間違う人だって、影響される人だって、いていいんですけど、

それを制することができる人が少ないのが、問題なのかな。

あるいは、そういう人を評価できないのが、問題か…





【関連記事】
「コンプレックス/ユングの言葉(1)」
「認知の歪み」


 → コンプレックスとは?




関連記事
[サイト内タグ]:  コンプレックス



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■