ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
フジテレビの件ですが、「商売だから」という意見があります。

フジテレビは商売上手で、テレビ広告が落ち込む中、安く買え、値段の割に視聴率が取れる某国コンテンツを積極的に使っているのだと。


私の感想は、「だから?」です。

商売だから、何なのでしょう?


商売だから陰謀論はおかしい。

これなら、分かります。

でも、他の部分で、釈然としない。


現象を説明するものとしてテレビ業界側から見た意見としては、「なるほど」と思えるけど、それ以外では得心のいくものではないように思う。

「商売だから何?」と、思えます。


といっても、書き手が「商売だからしょうがない」とか「商売だから非難にあたらない」と言っているのでもない様子。

どちらかといえば、「商売を優先する姿勢と、現在のテレビ業界の構造が、この現象を生んでいる部分がある」という意見かな。

そして、それが呼ぶであろう未来については、否定的というか、暗いものを想像している。

ということで、決して「商売だから」と擁護しているのではなく、「商売至上主義がこんな結果を生んでるよね」という分析なり見解をしているだけのよう。



よくよく考えると、「商売だから」というのは、たちが悪い気も。

商売人にとって「商売だから」は、必ずしも免罪符にはならないのでしょう。

「商売だからあの国のコンテンツを推していきます」

そう言われて納得するものだろうか?

ぜんぜん関係なさそうな番組にまで宣伝が入って、それを違和感なく受け入れられるものだろうか?

(参考画像:「ねたたま」



と、その前に、陰謀論を気にする人がいますが、陰謀論はこの際、考えなくていいのではないでしょうか。

この騒ぎを陰謀論と結びつけ、フジテレビに陰謀はない、だからこの騒ぎは馬鹿らしい、そういう意見もありますが、それはどうなんだろう?

陰謀論抜きにして、行き過ぎた某国推しに嫌悪感を抱いている、そういうことではないの?

そしてこれこそが、大事なことなんだと思う。



商売関係でもうひとついえば、「嫌なら見るな」という意見も。

これは半分はもっともで、もう半分は商売人には危険な面も。


例えばお店の人がクレーマーみたいな人に対して、「嫌なら来ないでくれ」と言いたくなることはあるでしょう。

過剰な要求をされるくらいなら、買わないでいい、来ないでいい、という意見。

これは、もっともです。

でも、これって、相手が個人だったり、少数だから、成立するんですよね。

多数だったら、店は傾きます。


今回の件は、このへんに対して、どうなんでしょう?

一人や二人ではない、でも、国民の大半というわけでもなさそう。

ただ、少ないと切り捨てられるかというと、分からない部分も。


ある種の人は、少数のクレーマーと見ている感があります。

でも、実際は、どうなんだろう?

ごくごく少数なのか、ある程度の人数なのか、それによって、「嫌なら見るな」の意味も違ってくる感じがする。





商売心得帖 (PHP文庫)



V [ビジター] 〈ファースト・シーズン〉コンプリート・ボックス [Blu-ray]





業界に近い人って、内部に詳しくって、その辺はすごく助かるけど、内部の常識を身につけているだけに、ある部分でルーズになっている面も感じる。

内部の常識は、必ずしも外部には通用しないし。


メディア内の常識って、これから問題化するような気がするな。




関連記事
[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■