ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
海賊戦隊ゴーカイジャー、第17話「凄い銀色の男」――



何とかバスコを退けた、ゴーカイジャーたち。

続いて現れた新キャラは…



ヒーロークラブ 海賊戦隊ゴーカイジャー VOL.2 手に入れろ!宇宙最大のお宝【DVD】




ゴーカイオーでザンギャックを追う、海賊たち。

まずは、マジレンジャーの大いなる力を使います。

マジゴーカイオーになって、飛行形態のスゴーミンを、魔法の炎で焼いてゆく。

地上の敵には、デカレンジャーの大いなる力だ。

デカゴーカイオーとなって、華麗にシューティング。

残った敵は、必殺のゴーカイパトストライクで!

パトストライカーがドリフトしながら、ガトリング砲を発射。

巨大化スゴーミンをハチの巣にした。


やった! これで終わり。

と思いましたが、巨大化スゴーミンが、うじゃうじゃ出現。

街を覆い尽くしている。


一気に終わらせるぞ!

海賊たちは、先日手にしたゴセイジャーの大いなる力を使います。

レンジャーキー、セット。

ゴーカイ、オールヘッダー、大進撃!!

ゴセイカードから飛び出した色とりどりのヘッダーが、無数のスゴーミンを一気に倒した。


海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話 ゴーカイオー vs スゴーミンの大軍


そんな様子を見上げる、男がひとり。

「いいね、いいね。ゴセイジャーの大いなる力は、ゴセイヘッダーかぁ~~、いいなぁ~~」

「他のも、はやく見たいなぁ~~」


って、この男、誰?



ゴーカイガレオンに帰還した、5人。

ナビィが、「お疲れちゃ~ん」と迎えます。

「いや~、それにしても、ここんとこ、アゲアゲだよね~」


バスコとの戦いに続いて、黒十字王率いる悪の軍団と戦った、海賊たち。

その際、大いなる力を、11個も手に入れたらしい。

(詳細は、劇場版「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」で)


ジョー(山田裕貴)は、「それに相応しい激戦だった」と振り返ります。

それに、その前にはバスコから、新しいレンジャーキーを、15個もゲットしている。

戦いが厳しかった分、得たものも大きいようです。

ルカ(市道真央)は、「この勢いで、一気に大いなる力をコンプリートして、宇宙最大のお宝、もらっちゃおう!」と、ノリノリです。


というわけで、さっそくナビィに、占ってもらうことに。

レッツ、お宝、ナビゲート!

「飛んでくるくる、すごいやつ。何か凄い、銀色の男を探す――んだってさ♪」


何か凄い、銀色の男?

今回は、それが手がかり?



大いなる力の手掛かりを求めて街に出た、マーベラス(小澤亮太)たち。

でも、何か凄い銀色の男って、何だ?

と、そこに、銀色ジャージの男が走ってきた。

この男が、そうか?

体型の割に、素早いぞ。

でもこれだと、何か凄い太った男みたいな。


さっそく声をかけてみましたが、どうも違うみたい。

大いなる力のことも、スーパー戦隊のことも、知らない様子。


銀色の男を探す5人の前に、ロボット戦を見上げていた男がやって来ました。

5人に声をかけようとしますが、その前で、小さな男の子が転んでしまった。

マーベラスもそれに気づきましたが、特に手は出さない。そのまま去ろうとします。


「待って、待って! ちょっと待ってください、マーベラスさん!」

男は、マーベラスの肩をつかみました。

って、マーベラスのこと、知ってるの?

「そのまま」

マーベラスにそう言うと、男は、転んだ子供のもとへ。

「ゴメン、ちょっと、起きずに倒れてて」

ヘンテコなことを言う男に、子供はポカ~ン。

男はマーベラスに、言いました。

「起こしてあげてください、マーベラスさん」

そう言って、笑う。

(何だ、この男?)

「スーパー戦隊の人なら、道端で転んだ子供には、やさしく手を差し伸べてあげましょうよ」

いきなりアツいことを言いだす、男。

(におう、レッドレーサー陣内恭介と、同じにおいがする)


マーベラスは、言いました。

「何言ってんだ、おまえ」

「ちょっと転んだくらいなら、自分で起きりゃいいだろう?」


それが、マーベラスの流儀。


「そうだよ!」と、男の子は自分で起き上がりました。

そして母親のもとへ走り、「ママ―、ヘンな人がいた!」と。

(という事案が発生。防犯ブザーを、携帯しましょう)



男のことは放っておいて、海賊たちは大いなる力探しを続行します。

でもルカは、「ちょっと、カワイイ気もしたけどね」と。

(ルカ姉さん、年下好み?)


そんな5人の前に、銀色の男が現れました。

でも、この銀色、見たことある。

それもそのはず、ゴーミンです。

行動隊長に率いられたゴーミンたちが、時限爆弾のようなものを仕掛けようとしている。


「言ってるそばから、またザンギャックかよ」と、マーベラス。

妙なやつにつかまらない内に、大いなる力を探そうとしていたのに。


作戦の指揮を執る行動隊長、アルマドンは言いました。

「巨大スゴーミンを囮(おとり)にして街に爆弾を仕掛ける作戦に、なぜ気づいた!」


勝手に作戦を教えてくれたアルマドンに、ハカセ(清水一希)は、「そうなの?」と。

ルカ姉さんは めんどくさそうに、「ったく、見かけちゃったら、ほっとけないんだから」と。


海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話 行動隊長アルマドン
ん? アルマドンの右に、某お笑い芸人の兄が


そういうわけで、5人は豪快チェンジ。

ゴーカイジャーとなって、戦います。


こうと決めたら、突き進む! ゴーカイレッド!

己に厳しいが、悪い奴にはもっと厳しい! ゴーカイブルー!

ちょっと、邪魔しないでよ、ぶつわよ! ゴーカイイエロー!

ちょっと、何でボクだけ、この賞金? ゴーカイグリーン!

困っている人は、放っておけません! ゴーカイピンク!

海賊戦隊、ゴーカイジャー!


派手に行くぜ!

いきなりゴーカイガンをぶっ放す、ゴーカイレッド。

アルマドンは、ゴーミンを盾にしました。

(ひっ、ひどい)

そして、部下を、けしかける。


イエローは、「あーもう、どんだけ、あたしたちの邪魔すれば、気がすむのよ!」と、おかんむりです。

ピンクはゴーカイサーベルを逆手に持ち、蹴散らします。

ブルーはゴーカイガンを握った左手は使わず、右手だけでお相手。

グリーンは馬跳びで またぐと、ゴーミンから時限爆弾を奪った。

(ナイス!)

そして今度は、爆弾を前に出し、逆にゴーミンを脅します。

「爆発しちゃうよ~」

(もう、オチャメさんなんだから)


ゴーミンをなで斬りにする、ゴーカイレッド。

まるで息を合わせたかのように、他のメンバーも、ゴーミンを始末しました。

グリーンは爆弾を投げ、爆発させた。


さあ、残るは、行動隊長のみだ。

「こいつにはバスコから奪った、新しいレンジャーキーで行こうよ!」

グリーンの提案で、新たに手に入れたレンジャーキーを使うことに。

5人は、豪快チェンジ!


炎の中から現れたのは、

未来戦隊タイムレンジャーより、タイムファイヤー!

魔法戦隊マジレンジャーより、マジシャイン!

電磁戦隊メガレンジャーより、メガシルバー!

恐竜戦隊ジュウレンジャーより、ドラゴンレンジャー!

爆竜戦隊アバレンジャーより、アバレキラー!

新たな力で、アルマドンと戦う。


その様子を、例の男が見ていました。

「うはは! いきなり、オール追加戦士、キター!」

「やっぱ、こっちのレンジャーキーもあったんだ」

「いいな~、すごいな~」


と、すごくうれしそう。


「貴様らに、オレは倒せん」

そう胸を張る、アルマドン。

メガシルバーがシルバーブレイザーを、マジシャインがマジランプを、それぞれ放ちますが、アルマバリアーでそれを防ぎきった。


しかし、どこかに弱点はあるはず。

5人は、パンチにキック、剣による攻撃などを繰り出しますが、すべてバリアーに阻まれてしまった。

そして距離をとったところで、怪光線を放たれ、ダメージを。


うれしそうに見ていた男ですが、「おっといけない」と、顔色が変わります。

が、すぐに、「よし、今こそ、オレの出番だ!」と、またうれしそうな顔に。

出番って、何するつもり?

シンケンブラウンの再来?


「ボクに、まかせて!」

グリーンが変身したドラゴンレンジャーが、こっちだよ! と囮になります。

怪光線をかろうじて避けながら、獣奏剣を手に、ジャンプ。

頭上から、アルマドンに襲い掛かる。

が、これも、バリアーに防がれた。




そこで、思わぬことが。

落ちた獣奏剣が、アルマドンの首輪の後部に当たった。

すると、アルマドンは苦しみだしたのです。


「そこまでだ、ザンギャック!」

さっそうと駆けつけた、例の男。


何やら構えのようなものを見せますが、アルマドンは言った。

「今日は、これくらいにしてやる」

「だが、忘れるな海賊ども、次こそオレは、おまえたちを必ず倒す」



アルマドンは全身から怪光線を放つと、その隙に逃げてしまいました。

結果として、男はタイミングを失ってしまった。

ゴーカイジャーたちも、男の方は見ていません。

つーか、そのまま行ってしまった。


立ち尽くす男は、「うそ? そんなの、あり?」と。


海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話 新しいレンジャーキー




「バカバカバカバカ、バカ―!」と、ワルズ・ギルの怒りが爆発。

アルマドンは、叱責されます。

なぜ、おめおめと帰ってきた? と。


申し訳ありませんと謝るアルマドンですが、どこか、ふてくされた様子。

出直しを命じられますが、投げやりに頭を下げると、去り際に舌打ちまで。

また、扉を出たところで、壁まで蹴りました。


バリゾーグによると、アルマドンはプライドが高いらしい。

だから、ボスであるワルズ・ギルの命令に背いてでも、海賊たちと決着をつけようとするに違いない。


が、先の戦いで、弱点に気づかれたかもしれない。

それをダマラスが注意しようとしましたが、ワルズ・ギルが止めました。

何か作戦を思いついたらしい。

インサーンに耳打ちしますが、いったい何を?



アルマドンとの戦いを振り返る、海賊たち。

あのバリアーは面倒だけど、退却の際、様子がおかしかった。

きっかけは、ハカセが落とした剣が首輪に当たったこと。

アルマドンのバリヤーの背面には、わずかな隙間があるのかもしれない。

とすると、そこを突けば。


そんな話をしているところに、また例の男が現れました。

ショッキングピンクのパンツに、ショッキングピンクの唇。

性格もちょっと、ショッキングそう。

つーか、お調子者?

戦隊を愛しているようでもあるけれど。


何なんだいったい?

そう言うマーベラスに、男は階段を駆け上がると、自己紹介をはじめました。

「オレの名は、鎧(がい)! 伊狩鎧(いかり がい)!」

「誰よりもスーパー戦隊を、愛する男ですっ!」


ポーズ付きで熱く語る、伊狩鎧(池田純矢)。

「怒りが胃」と変換されてしまった


ハイテンションの鎧について行けない、海賊たち。

ジョーは、「それがオレたちに、何の用だ?」と。

他のメンバーも、呆れていたり、ポカンとしていたり。


鎧は、笑顔で言いました。

「決まってるじゃないですか、オレ、みなさんの仲間になりに来たんです」

「ゴーカイジャー6番目の仲間に!」



6番目?

仲間?

しかも、自分から、売り込み?


はあ? と、ルカ。

アイムも、首をかしげます。お気の毒に。頭をお打ちになったのですね

ハカセも、え~っ! と、マンガ顔に。


マーベラスは、聞きました。

「仲間にしたら、何かいいことあんのか?」


はい! と笑顔で答える、鎧。

「買い」とか「害」とか変換される。買いな逸材なのか?

あります! バッチリあります! と、鎧は笑います。

「オレが入れば、ゴーカイジャーは、もっともっと素晴らしいスーパー戦隊になります!」

素晴らしいスーパー戦隊とは何か説明する、鎧。

「そりゃもちろん、赤ちゃんからお年寄りまで、幅広~く愛される、スーパー戦隊です!」

「清く、正しく、爽やかな~」



宙を見上げ想像する、鎧。

この5人の影は、ゴーカイジャー?

でも、ちょっと、いつもと違うぞ。


まずはマーベラスから、挨拶だ。

「やあ、みんな、元気かい?」

って、何だ、この爽やかな笑顔は。

「ボクは、キャプテン・マーベラス」

「時々勢いつきすぎて、失敗もするけど、みんなの笑顔のために頑張るから、ヨロシクね♪ バンッ♪」


(どうした、マーベラス、悪いものでも食べたのか?)


げっ、ジョーはふだんクールな分、もっとギャップが。

「ボクは、ジョー! 野球が大好きで、力持ち!」

ボク?

野球?

力持ち?


なな、ルカ姉さんが笑顔で手を振っている。

どうした、バイトか? 営業か?

「ハ~イ、わたし、ルカ♪」

「みんな~、毎日ちゃんと、ごあいさつしてるかな?」


ごあいさつ?

拳で、ではなくて?


アイムは、「ごきげんよう、わたくしはアイム」と、これは普段通り?


そしてその隣にいるのは、あれ? ハカセではなく、鎧?

「おれが、伊狩鎧!」

「地球の平和は、オレたちが護るぜ!」



というのは、全部、鎧の想像でした。


海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話 伊狩鎧 熱く登場!
海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話 鎧の想像


みんなの感想はといえば、

ジョーは、何だそれは? と。

ルカも、ヘンすぎ! と冷ややかな目。

アイムまで、「申し訳ありませんが、あたくしもそう思います」と。

忘れられたハカセは、もちろん仲間と同意見。


そんな~と、鎧は落ち込みます。

そして、マーベラスに意見を求める。


「決まってんだろ」

マーベラスの言葉を聞いて、鎧はパッと明るくなりました。

が、続いて出てきた言葉は、

「おまえなんか、いらねえよ」


ガ~~~ン! と衝撃を受ける、鎧。

「ウソでしょ? まさかの拒否なんて~」

が、この男、切り替えが早い。

これで無理なら、切り札のアレを。

と思いましたが、海賊たちは立ち去っていました。

ゴーカイガレオンで、出発進行!

(って、それは列車か)



ふっか~い溜息をつく、ルカ。

「ちょっとカワイイかと思ったけど、それ以上に、うっとうしいやつだったよね」


たとえ想像とはいえ、ポジションを乗っ取られたハカセは、いい気持ちがしません。

アイムが、根は悪い方ではなさそうでしたけど、そう言っても、「ダメだよ、あんなやつ。ぜんぜん使えそうにないじゃん」と、全否定。


安心しろ、とジョーは言いました。

「マーベラスが認めない限り、オレたちの仲間にはなれない」

それが、掟(おきて)。


と、ナビィがここで、核心を突いたセリフを。

「ところでみんな、何かすご~い銀色の男は?」


あ!

鎧にペースを乱されて、すっかり忘れていた。


もう一度、出直しです…





もともとキャラの確立された海賊たちですが、その前に、新たな男が登場。

感情豊かで、熱血で、感激屋さんに見える。

そして、誰よりも戦隊ヒーローを愛している様子。


でも、愛しているからといって、戦隊には入れません。

戦うだけの資質がいる。


伊狩鎧、その辺はどうなのか…





海賊戦隊ゴーカイジャー 海賊合体 DXゴーカイオー


Newtype THE LIVE (ニュータイプ・ザ・ライブ) 特撮ニュータイプ 2011年 07月号 [雑誌]



35 SUPER HERO クロニクル feat. 海賊戦隊ゴーカイジャー 公式航海ナビ (エンターブレインムック)





お昼休みでしょうか、とあるビルの屋上では、サラリーマンとOLが、バレーボールで遊んでいる。

と、そこに現れたのは、ゴーカイオーの上に乗った、ゴーカイイエローとゴーカイグリーン。

ん? 手には拡声器が握られているぞ。

「毎度、お騒がせしております、海賊戦隊です。みなさまのお近くに、なんか、すっごい、銀色の方はいらっしゃいませんか?」


まるで廃品回収のような手法を使いだした、海賊たち。

なりふり構いません。

自由すぎる。


すると、豆腐屋のおじさんが教えてくれました。

凄い銀色の男を、あっちの公園で見たと。

しかも、もの凄い銀色だったという。

礼を言って、海賊たちは公園へ。


でも、駆けつけると、そこにいたのは、前にも見た銀色ジャージの男。

何か、凄い勢いで食べています。

確かに銀色だし凄いけど、この人は違う。

残念、間違いでした。


と、そこに光線が。

マーベラスは、男をかばいます。


ゴーミンたちと共に現れたのは、行動隊長アルマドン。

これは、リベンジ戦の申し込みか。

「一度は不覚をとったが、オレはパワーアップした。今度こそ、覚悟しろ!」


マーベラスたちは男を逃がし、豪快チェンジ。

ゴーカイジャーとなって、戦う。

派手に行くぜ!


互いに突進し、戦闘開始。

と、思われましたが、間に伊狩鎧が、割って入った。

「待ってくださ~い!」


あぶねえぞ! と注意するレッドに、鎧はニヤリと笑い、言いました。

「だいじょうぶです。今度こそ、見ててください!」

鎧が取り出したのは、レンジャーキー?

それに、モバイレーツとは違う携帯アイテム(ゴーカイセルラー)。

レンジャーキーをセットすると、鎧は叫んだ。

豪快チェンジ!


え?

まさか?


鎧は、ゴーカイジャーに変身しました。

銀色のゴーカイジャーに。

「真っ赤な太陽、背に受けて」

「青き心に、正義は宿る」

「黄色い歓声、浴びまくり」

「ぷにぷにホッペを、ピンクに染める」

「緑の若葉の、ニューヒーロー」

「金銀輝く、その名も、ゴーカイシルバー!」



マーベラスによれば、ゴーカイジャーのレンジャーキーは5個しかないという。

ならばなぜ、ここにもうひとりのゴーカイジャーが?

しかもハリボテでなく、ちゃんと変身した。


「オレの力を、見ててください、みなさん!」

「そしてオレを、仲間にしてくださ~い!」


そう言ってひとりで突進する、ゴーカイシルバー。

ちゃんと戦えるのか?


ゴーミンの群れと戦う、ゴーカイシルバー。

お、戦えてる。

というか、むしろ強い。

蹴りにパンチに、ヒジ。急所に命中しています。

防御も、様になっている。


囲まれると、槍(やり)のような、弓矢のような、武器を取り出した。

ゴーカイスピア・ガンモード!

的確に、ゴーミンたちを撃ちぬいてゆく。


続いて、ゴーカイスピアを、槍の形態で使います。

ゴーミンを、蹴散らす、蹴散らす。

これは槍の又左こと前田利家か、はたまた本多忠勝か、名だたる槍の使い手が如く、倒す、倒す。

まるで嵐のようだ。

あっという間にゴーミンを全滅させると、槍をアルマドンに向けた。

「見てますか、みなさん、オレの戦い」

「お願いします、オレを仲間に、してくださ~い!」



海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話 ゴーカイシルバー登場!


ゴーカイレッドの感想は、意外とやるな。

イエローも、かなり強いじゃん、と。

グリーンは、アルマドンの首輪を分析していました。

前よりも、強化されている。

ということは、やはり弱点だということか。

だとすれば、かえって狙いやすい。


アルマドンと戦うゴーカイシルバーですが、アルマバリアーに苦戦。

攻撃が通用しません。

ついに弾かれ、飛ばされてしまった。


「あとは、ボクたちが」

グリーンの言うとおり、海賊たちは5人でアルマドンに向かう。

まずは、取り囲んで、剣で攻撃。

が、やはり、アルマバリアーは破れません。

ゴーカイガンを放つも、やはり効かない。


その様子を、ザンギャック幹部も、モニターで見ていました。

いったい、どんな作戦を授けたのだろう。

しかし、ワルズ・ギルは、作戦など授けていないと言います。

海賊たちは最初の戦いで、アルマドンの戦いに気づいた。だから、インサーンに命じて、アルマドンの首輪を強化すると見せかけて、強力な爆弾を仕掛けたのです。攻撃された瞬間に、大爆発するように。

海賊たちを葬るために、行動隊長をも捨て石にする気です。

古豪の戦士ダマラスは、言葉を失いました。

が、ワルズ・ギルは、はしゃいでいる。「その通りだ! はは、ざまあみろ、海賊どもめ!」と、笑っています。


そうとは知らず戦う、ゴーカイジャーの5人。

ゴーカイグリーンは、木陰に隠れ、機会をうかがいます。

4人かたまり、アルマドンを追い込んでいく、ゴーカイジャー。

背後からは、グリーンが狙っている。


「今が、チャンス!」

グリーンが飛び出しました。

首輪を攻撃する。


「違う!」

グリーンの剣を、シルバーが止めました。

呆気にとられる、グリーンと仲間たち。

「分かんないけど、何かヘンです」と、ゴーカイシルバーは言う。

「まるで首を狙ってくれって言ってるみたいに目立ってて」


が、そのことは、アルマドン本人も知らない。

シルバーとグリーンを、攻撃します。

一度蹴り飛ばされたシルバーですが、怪光線をものともせず、アルマドンに突進。

ジャンプして背後をとり、スピアで首輪を。

突くのではなく、隙間に先を突っ込み、首輪だけ上に弾き飛ばしました。

「みなさん、ふせて!」


空中で、首輪は大爆発。

至近距離なら、ゴーカイジャーも危なかった。

シルバーの勘が、ピンチを救ったのです。


ワルズ・ギルの渾身の作戦は、失敗。

指令室に、悲しい叫びが響きました。


ここからは、ゴーカイシルバーの一人舞台。

「よ~し、もう、おまえにバリアーは張れない」

「ギンギンで行くぜ!」


ゴーカイスピアを振り回し、アルマドンの急所を攻撃する。

斬って、突いて、跳ね上げろ!

圧倒したところで、とどめに入る。

ゴーカイスピアにレンジャーキーをセット、ファイナルウェーブ! と電子音が響きます。

ゴーカイシューティングスター!!

全身の力という力をのせたゴーカイスピアが、アルマドンを貫きました。


拳を上げる、ゴーカイシルバー。

「やったぜ、くぁぁ~~、オレの、初勝利!」


海賊戦隊ゴーカイジャー 第17話 ゴーカイシルバーの活躍


ピンクは、気づきました。

「何か凄い、銀色の男の方」

占いの人物は、伊狩鎧だった?



変身を解いた5人は、鎧に質問します。

大いなる力を、持っているのか?

何で変身できんの?

どうして、同じマークなのですか?

何なんだよ、おまえ?


テンション高いこの男は、いったい何者なのだろう?

どうやって、この力を手に入れたんだ?





伊狩鎧は、ゴーカイジャーでした。

本当に、6番目の男だった。

しかし、ゴーカイジャーのレンジャーキーは5つしかなかったという。

そして鎧は、どうも地球人のよう。


どうやって鎧は、レンジャーキーを手に入れたのだろう?

どうして、ゴーカイジャーになれたのだろう?


謎を残しつつ、次回に続きます。

鎧はマーベラスに認められ、正式加入できるか?

彼が持つ大いなる力とは?



鎧の想像した、爽やかなマーベラス。

映画の試写会で挨拶していた小澤くんに、ちかい?





海賊戦隊ゴーカイジャー 変身携帯 ゴーカイセルラー



海賊戦隊ゴーカイジャー レンジャーキーシリーズ ゴーカイスピア



劇場版 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦





今週のおまけ

海賊戦隊ゴーカイジャー 今週のおまけ

左上:座席にしがみつく、グリーン
右上:馬跳びだよー

左中:ええ?!
右中:毎度お騒がせしております

左下:二度も間違えられた男
右下:夏の装い?





来週のゴーカイジャーは――


来週の海賊戦隊ゴーカイジャー

第18話「恐竜ロボットドリルで大アバレ」

鎧に力を与えた、この男は。

どうやって伊狩鎧は、ゴーカイジャーになったのか?

新メカも登場するみたい。


ただし、来週 6月19日は、全米オープンのためお休みです。

オンエアは再来週の、6月26日。

それまでお楽しみに…





<初回生産限定>スーパー戦隊 THE MOVIE Blu-ray BOX 1976~1995【Blu-ray】





<<「マーベラスの選択 vs リキッドロイドのワテルくん/第16話 激突! 戦隊VS戦隊」
   「6番目の仲間と豪獣神 vs オソガイン/第18話 恐竜ロボットドリルで大アバレ」>>


 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」





「海賊戦隊ゴーカイジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」

 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。









関連記事
[サイト内タグ]:  海賊戦隊ゴーカイジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

海賊戦隊ゴーカイジャーの第17話を見ました。 第17話 凄い銀色の男 「逃げても無駄だ、ザンギャックの雑魚共!!」 マーベラス達はマジゴーカイオーやデカゴーカイオーやゴセイジャーの大いなる力で、...
[ MAGI☆の日記 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■