ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
マイナス化思考は、よいものも悪いものだと受け取る心の働き。そういった変換装置みたいなのができてしまって、自動的に、無意識に、多くのものを否定的に捉えてしまう。

そういった、心の癖。パターン。

心のフィルターでは、よいものが弾かれ、悪いものが抽出されました。マイナス化思考では、よいものを弾くのではなく、それも悪いものだと認知されます。

一般的にはよいとされるもの、そうでなくても問題ないとされているもの、それらも――不思議なくらいに――否定的に捉えられる。

個人的な場合だと、「気にし過ぎじゃないの?」といった風になります。笑顔の裏に企みが見えたり、褒め言葉の裏に嫉妬が見えたりする。人間ならそういう時もありますが、そういう期間が長い。概ね、そういう捉え方になってしまう。

(この辺は、投影というものも関係するのかもしれません)



社会的な場合も同じように、何でもかんでもマイナスに捉えることになります。過ぎた曲解ですね。目の前のものを素直に受け取れなくなり、捻じ曲げて解釈してしまう。

どうも、特定の対象に対して、そうなるようです。ある対象のすることはすべて悪く見え、別の対象のすることには過ぎた寛容を示したりする。これでは正しい認知は行えず、選択に支障をきたしてしまいます。選択以前に、物の捉え方を間違ってしまうわけですから。



物事には多面性があり、どこに注目するかで、その見え方は変わります。なので、同じ対象に注目する場合でも、各人でその見え方は違ったりする。

けれど、そうはいっても、誰もが分かる事実とか、そういったものもあります。これを共有しておけば、価値観による差は出ても、認識の差というのはそうそう大きくならないように思います。

が、現代日本では、どうもこの「誰もが確認できる事実」が蔑ろにされているような気がする。なので、伝える人によっては、極端な物の見方にもなるし、マイナス化思考が働いているような物の見方になっている場合も。

というか、誰もが確認できる事実も、確認しなければ分からないわけで、確認や検証を怠る態度が、問題なのかもしれません。また、受け取る側にしても、誰もが分かるはずの事実に興味がないような態度が見受けられることがある。

事実を知らないということもあるものの、事実が提示されてもそれを見ようとはしなかったり、あまり問題とされなかったりする。作る方や伝える方はセンセーショナルさを強調するし、受け取る側もそれを好む傾向が見受けられます。報道全体がどうもワイドショー化しており、奇妙に思えたり、時に、ゾッとすることも。



こういうことを避けるには、整理が必要なんでしょう。


今問題となっているのは何か?

それに対して与えられている条件や、置かれている状況は?

誰が何をした? あるいは、誰が何をしなかった?

それは必要なことか? そうでもないのか?

それは悪いことなのか? そうでもないのか?


主語・述語を明確にし、誰にでも分かる事実を、確認していく。

想像するのではなく、検証する。

価値観は置いておいて、事実を組み立て、誰にでも説明でき、また、誰もが理解できるものを提供する。

こういうことがありましたと、明確にする。

価値観が出てくるのは、その後。


そんな手間をかけることで、避けられるものも、あるかもしれません。

また、続けて慣れることで、マイナス化思考の癖を修正する。

「○○な感じがする」で止めないで、確認する。



上にも書きましたが、価値観の違いはいいんです。

ただ、誰もが分かるはずの事実を放っておくのは、困る。

そしてこれを大事にすれば、間違いもだんだんと犯さなくなるのだと思います。

本来は…





いつもいいことさがし - 小児科医がみた子どもたち (中公文庫)



○のない大人 ×だらけの子ども (集英社新書)





加工しない、あるがまま。

まずは、そこから…





<<「心のフィルター/認知の歪み 社会編(3)」
   「結論の飛躍/認知の歪み 社会編(5)」>>


 → 認知の歪み




関連記事
[サイト内タグ]:  認知の歪み



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■