ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
侍戦隊シンケンジャー、第9回。今回は、殿であるシンケンレッド・志葉丈瑠(松坂桃李)と、殿を慕う家臣シンケンブルー・池波流ノ介(相葉弘樹)が対決!



冒頭、変身したレッドとブルーが稽古。それを見守る、ジイと家臣たち。


流ノ介の剣技に感心する、谷千明(鈴木勝吾)。
「あいつ、ああいう性格だし、丈瑠の影に隠れてるとこあるけどさ、実は、相当つえぇよな」

そして、ジイ(伊吹吾郎)も認める、流ノ介の腕。
「確かに、流ノ介の腕はかなりのもの。殿と五分五分――あ、いや、あるいは、流ノ介の方が、技術は上かも知れんな」

残りのふたりも、

ことは(森田涼花)
「流さんの剣、キレイやもんなぁ」

茉子(高梨臨)
「まあ、教科書に載せるとしたら、流ノ介の方だね」

と。


しかし、ジイはこうも指摘、
「しかし、稽古は所詮、稽古。殿の強さは、戦いで培われたもの。実戦となれば…」

茉子:
「話は別――か」

ことは:
「でも、殿様と流さんが戦うなんて、ありえへんわ」


さあ、前フリ完了です…


侍戦隊シンケンジャー 第9回 シンケンレッドとシンケンブルー
稽古をするレッドとブルー

侍戦隊シンケンジャー 第9回 シンケンジャーの私服
私服姿
固定されてないようですね、こりゃいいや





森林公園に、外道衆“ヒトミダマ”が襲来。

さっそくシンケンジャーたちが駆けつけますが、そこに現れたのは、失われた折神のひとつ、虎折神でした。

かつての戦いでドウコクが封印された時、虎折神は巻き込まれて地割れに挟まっていたのですが、それをヒトミダマが助けて、今では従えていると。

ところが、虎折神がヒトミダマに従っている理由は、それだけではない様子。どうやら、ヒトミダマの秘術が関係しているらしい。

その秘術をシンケンジャーにも発する、ヒトミダマ。

そして、グリーンを庇ったブルーが、術の餌食に。


侍戦隊シンケンジャー 第9回 外道衆“ヒトミダマ”
外道衆“ヒトミダマ”
能面のような顔(瞳?)が怖い

ヒャクメルゲのテイストも。


術にかかったブルーは、ヒトミダマの言いなりになってしまいます。まるで操り人形。

そして、操られているとはいえ、流ノ介の腕は一級品。他の家臣たちを寄せ付けません。また、流ノ介相手に本気で戦うこともできない。更には、後ろには虎折神が控えています。

仕方なく、シンケンジャーは一次撤退するのでした。



流ノ介を倒す覚悟を迫られる、丈瑠。

あえて外道衆の企みに乗り、シンケンブルーと1対1の戦いに臨みます。


そんな殿の姿に千明は、「いつまでも殿様の顔を崩さねぇから、こういう時、100%信じらんねえじゃねぇか」と。
(本気で流ノ介に必殺の一撃を加えるのではないかと)


剣の火花を散らす、シンケンレッドとシンケンブルー。

一進一退の攻防が続きます。

侍戦隊シンケンジャー 第9回 操られたシンケンブルー
ヒトミダマの術により操られる、ブルー

侍戦隊シンケンジャー 第9回 傷だらけの茉子とことは
傷だらけの茉子とことは

侍戦隊シンケンジャー 第9回 傷だらけの千明
同じく千明


そこに現れた謎の男。その男は、勝負あったと言いますが…

侍戦隊シンケンジャー 第9回 腑破十蔵 人間態





与えられた役割、その重責を果たすために、殿という仮面をかぶり続ける、シンケンレッド・志葉丈瑠。

それを見抜いた、悪口王の言葉が「うそつき」でした。

殿の役割を担う限り、流ノ介を倒すしかない。

さあ、志葉丈瑠はどうするのか…





侍戦隊シンケンジャー オリジナルアルバム 秘伝音盤 第一幕
侍戦隊シンケンジャー オリジナルアルバム 秘伝音盤 第一幕





結末は、ジイの言う通りになりました。

流ノ介の剣が道場のものであるのに対し、丈瑠の剣は実戦で鍛えられたもの。

場所や時間の制限のない戦いで、丈瑠は本領を発揮。

ブルーのどてっ腹に強烈な一撃が入ります。


しかし、それはモヂカラを込めた一撃。

それにより、流ノ介はヒトミダマの支配から解き放たれるのでした。



同じように、虎折神をヒトミダマの術から解き放つ、シンケンレッド。

新たに得た力、虎折神とトラシンケンオーで、見事、敵を打ち倒します。


侍戦隊シンケンジャー 第9回 トラシンケンオー
トラシンケンオーの勇姿

侍戦隊シンケンジャー 第9回 虎折神
こちらは、三途の川での虎折神


ダイテンクウといい、全体的に、グレンダイザー後期のテイストが?


超合金魂 GX-04S UFOロボグレンダイザー 宇宙の王者セット
超合金魂 GX-04S UFOロボグレンダイザー 宇宙の王者セット






殿の役割を見事果たした、丈瑠。

しかし、戦いの後、その仮面の下を少し覗かせるのでした。

殿の仮面を纏えども、中身はひとりの青年。

心だってある。


ただ、その仮面の下に心があるからこそ、家臣も慕う。

仮面と心、外身と中身、

その両方の中で、志葉丈瑠は生きようとするのでした。





レンジャーズストライク 第9弾 蒼九の翼 ブースターパック BOX
レンジャーズストライク 第9弾 蒼九の翼 ブースターパック BOX





一方、腑破十蔵は意味ありげなことを。

「ドウコク、気づいていなかったとは、驚きだ。まあ、わざわざ教えてやる必要もあるまい」

十蔵は何に気づいているのか?


「肌が泡立つほどの戦いなくして、生きて三途の川に入った甲斐はない」

生きて三途の川?


この男は、いったい…




今週の黒子たち――

侍戦隊シンケンジャー 第9回 外道衆探知システム
鐘が鳴り

侍戦隊シンケンジャー 第9回 外道衆探知システム
位置を示すくじ(?)が出る

侍戦隊シンケンジャー 第9回 黒子さん
そして、黒子さんが(くじの番号の)地図を提示





<<「コスプレ三変化 花嫁は絹糸に(第八幕 花嫁神隠)」
   「千明の中の木(第十幕 大天空合体)」>>


「侍戦隊シンケンジャー 目次」
「テレビ関係のアーカイブ2009年」


「侍戦隊シンケンジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」





おまけ

侍戦隊シンケンジャー 第9回 ジイ
ジイディスク?





今週の投票










関連記事
[サイト内タグ]:  侍戦隊シンケンジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

侍戦隊シンケンジャーの第9話を見ました。第九幕 虎反抗期丈瑠と流ノ介はシンケンジャーに変身して剣の特訓をしていた。「参りました、お見事」「お前な、いちいち参るなって言ってるだろ。もう一本!!」「スゲー…」「何を感心している?殿にしてはそれほど…」「じゃな...
[ MAGI☆の日記 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■