ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
侍戦隊シンケンジャー。第5回は、主君であるシンケンレッド・志葉丈瑠(松坂桃李さん)と、ジイである日下部彦馬(伊吹吾郎さん)の物語。


冒頭、たまには息抜きをということで、久方ぶりのオフ日となった、シンケンジャーの面々。家臣の4人は親睦を深めるために遊園地に出かけますが、殿である丈瑠はその誘いを断り、ひとり残って稽古に励みます。

外道衆との戦いが順調に行くとは限らない。激しさを増すであろうこれからの戦いに備え、新しい秘伝ディスクを使いこなせるようになろうというのです。しかし、新しいディスクを使いこなすには、少なくとも今の2倍のモヂカラが要るという。

ジイが見守る中、切磋琢磨する、丈瑠。


侍戦隊シンケンジャー 第5回 ジイ
「昔はよく、遊園地につれてけ、つれて行けと、駄々をこねておられましたぞ(笑」

侍戦隊シンケンジャー 第5回 殿
「そうだっけ?」


微笑ましいやり取りや回想もありながら、稽古は続きます。



しかし、丈瑠の予想は当たってしまいます。都合よく 遊園地に現れた外道衆“ヤナスダレ”に殆どの攻撃を受け流されてしまいました。

水切れによってヤナスダレが一次撤退したことで難を逃れますが、家臣たちは攻撃が通用しなかったことに動揺し、気弱になってしまいます。

「怖れは最大の敵となる」
「怖気づいたり自信をなくせば、勝てる敵にも負ける」
「戦いにおいては時に、力よりも気持ちが勝敗を決するのだ」

そう心配する、ジイ。



動揺する家臣たちに、丈瑠は「力ならある」と言い放ちます。新しい秘伝ディスク“兜ディスク”なら、敵に通用すると。



家臣たちに隠れて、より激しい特訓をする、丈瑠。汗と血にまみれながら、新しいディスクを使いこなそうとします。歯を食いしばり、土を舐めながら、困難な特訓に挑む。

また、手を差しのべたい気持ちをグッと堪えながら、影から見守る、ジイ。


侍戦隊シンケンジャー 第5回 特訓するシンケンレッド
歯を食いしばり、稽古を続ける、丈瑠

侍戦隊シンケンジャー 第5回 見守るジイ
見守るジイも、またつらい


家臣たちに怖れを抱かせないようにするためにも、兜ディスクを使いこなすことは必須なのです。すべては、外道衆に勝つため。世の安寧を守るため。ふたりの侍は壁に立ち向かうのでした。





人の上に立ち、権威を持つ者は孤独だ。

常に先に進み、目標として、支えとして、存在しなければならない。

それ故に、見えぬところでの努力も欠かせない。

何とも言い尽くせないものがある。


しかし、それも理解者がいれば違ってくる。

理解し、見守る存在。

権威とは別の、素の自分も知る存在。


そういった存在に支えられ、今日もシンケンレッド・志葉丈瑠は戦うのでした。





侍戦隊シンケンジャー 第5回 外道衆・ヤナスダレ
外道衆・ヤナスダレ

一瞬、妖面な“クレクレタコラ”かと思いましたが(←いや、全然似てないし)、柳だそうです。

柳に受ける、
柳に雪折れなし

モビルスーツっぽさもあるかな?



侍戦隊シンケンジャー 第5回 兜折神
早くも新装備登場の、兜折神

侍戦隊シンケンジャー 第5回 カブトシンケンオー
カブトシンケンオー




ガシャポン 侍戦隊シンケンジャー シンケンジャーストラップ 全6種セット
ガシャポン 侍戦隊シンケンジャー シンケンジャーストラップ 全6種セット





今週の黒子たち

侍戦隊シンケンジャー 第5回 黒子さんたち
この後、稽古着から着替えた丈瑠が登場しますが、
きっと黒子が御召し変えしたのでしょう。





<<「ボケ担当 vs ツンデレ 夢は大儀の後に(第四幕 夜話情涙川)」
   「ドジっ娘 vs 悪口王(第六幕 悪口王)」>>


「テレビ関係のアーカイブ2009年」


「侍戦隊シンケンジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」





今週の投票










関連記事
[サイト内タグ]:  テレビ  侍戦隊シンケンジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

侍戦隊シンケンジャーの第5話を見ました。第五幕 兜折神「なぁなぁ、今日休みってホント?」「たまには息抜きをという殿の…」「やったぁ、服買いに行こ、服。春物全然買えてねえんだよ」「私は映画。今泣けんのやってんだよね」「もっと早起きすれば良かった!!」「待て...
[ MAGI☆の日記 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■