ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
アーシュラ・K・ル=グウィンの小説「ゲド戦記Ⅱ こわれた腕環」の感想





こわれた腕環―ゲド戦記〈2〉 (岩波少年文庫)
こわれた腕環―ゲド戦記〈2〉 (岩波少年文庫)





  プロローグ より
「とられゆく子」

1.喰らわれし者 より
「捧げられる子」
「誰もいない寝間」

2.石 垣 より
「なる、そして、なくす」
「特別――もらえないもの」

3.囚われの者たち より
「被らねばならないペルソナ」
「怖れの対象」
「地下の世界」

4.夢と物語 より
「夢は語る」
「市井の人は語る」
「腕環にまつわる物語」


5.地下のあかり より
「傍にいた人、傍にいる人」
「聖地」
「侵入者」


6.捕らわれた男 より
「迷宮」
「迷い(1)」
「迷い(2)」
「対面」



第7節からは、こちら











第1巻の感想 → 「ゲド戦記Ⅰ 影との戦い」の目次




関連記事
[サイト内タグ]:  ゲド戦記  こわれた腕環  目次



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■