ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
時々、ルールを守らない人が出てきます。多少ルールを破ってしまうことは誰にでもありますが、その中で、いつもルールを破るような人がいる。

まるで、「ルールを守ることが損」であるかのように、なぜか、規則に従おうとしません。

でも、本当に、ルールを守ることは損なのでしょうか? ルールを破ることで、何か得をするのでしょうか?



<ルールを破っても得はしない>


例えば、駐車違反。

コインパーキングなどで料金を払うのがもったいないので、路上駐車する。駐車料金を払うのが、損なような気がしてしまいます。

でも、それで、得になるのでしょうか?

それはいつか、見つかるかもしれない。そして、罰金を払うことになるかもしれない。それは得なことだろうか?

仮に見つからないにしても、ビクビクしないだろうか? ビクビクもしないとして、「いつも路駐する人」と言われて平気だろうか? 困るな~と思われて、平気だろうか?

そう考えると、ちょっと得しよう(損しないようにしよう)と思って、かえって損しているようにも思えます。

ビクビクしたり、迷惑がられているのを知って 何とも言えない気分になったり。これらはお金には換算できないことですが、何だか、「高くついている」気がします。



<ルールを守っても損しない>


もう少し静かにしてほしいと言われた、あまり汚さないようにと言われた、ルールを守りましょうと言われた。

それに従うことは損だろうか? 損するとしたら、失うものは何だろう?

使うのは、少しの労力。でも、おかげで、いろんなものが得られそうです。

迷惑をかけないですむ、相手を嫌な気持ちにさせないですむ、場を台無しにしないですむ、ひどいことをしないですむ。

これらには、お金以上の価値がありそうです。

というか、これらを失う方が損です。



<目に見えない得をゲット>


これらのことを考えると、ちょっとの労力を惜しんで何もしないのは、却って損になるようです。

そして逆に、ちょっと何かすることで、お金以上の何かを得られるようですね。





みんなのためのルールブック ―あたりまえだけど、とても大切なこと





目には見えにくい「それ」に気づくのが、賢者。

それに気づかずに損し続けると、もったいない。





【関連記事】
「無料(ただ)の価値」
「ルールを守る必要がある理由」




関連記事
[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■