ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Low\Content.IE5\P2J3LJLJ/

ここのファイルがいつの間にか、150GBほどありました。

ファイル数が、400万ほどあります。

ビックリしました。

Content.IE5 には、要注意!



【経緯】

久しぶりに、ノートン先生(Norton Internet Security)で、完全スキャンしようと思い立つ。

と、これが、なかなか進行しません。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files で、その先に行かない。

長々と、1日ほどかけても終わらず、あれ? と思う。

ムチャクチャな数のファイルを、スキャンしています。



なので、スキャンは中止に。

まずは、通常の、一時ファイル削除を行ってみる。


<一時ファイルを削除する方法>

(1) IEの [ツール] → [インターネットオプション] → [全般タブ] を選択。

(2) 「閲覧の履歴」の「一時ファイル、履歴、Cookie、保存されたパスワード、および Web フォームの情報を削除します」の項で、[削除ボタン]を押す。


スタートボタンからでも、可能です。

(1) [スタートボタン] → [コントロールパネル] → [ネットワークとインターネット] の [インターネットオプション]で、[全般タブ] を選択。

(2) [閲覧の履歴] の [削除ボタン] を押す。



インターネット一時ファイルの削除


本来ならこれで、削除されているはず。

でも、どうも、変わってないみたい。


そこで、ちゃんと確認してみることに。



【Temporary Internet Files の確認】


さて、一時ファイルのフォルダを確認しようとしたのですが、そのままでは隠しフォルダになっているので、確認できません。


なのでまず、この設定を変更します。


<Temporary Internet Files を表示させる方法>


まずは、適当なフォルダ(何でもいい)を開きます。

左上の [整理] をクリックし、その中から、[フォルダーと検索のオブション] を選択。


フォルダーと検索のオブション


フォルダーオプションが出てきたら、[表示タブ] を選び、詳細設定の中の [隠しファイル、隠しフォルダ―、および隠しドライブを表示する]にチェック。

その下にある [保護されたオペレーティングシステム ファイルを表示しない(推奨)] のチェックを外してください。


隠しファイルの表示

Temporary Internet Files を表示させる方法

[OK] をクリックして、閉じましょう。

これで、Temporary Internet Files フォルダが見えるはず。




で、確認したのですが、フォルダを開けても、ファイルの読み込みに時間がかかり、それが一向に終わりません。

なので、上の階層に戻り、プロパティで確認してみた。

すると驚くことに、150GBもあるじゃあ~ あ~りませんか。


インターネット一時ファイル Temporary Internet Files

インターネット一時ファイル Temporary Internet Files



【Temporary Internet Files の削除】


しょうがないので、自分で削除することにしました。

(参考) インターネット一時ファイルで指定より多くのディスク領域が使用される

上のマイクロソフトのサポートページでは、こんな方法が紹介されています。


(1) 自分で新しいフォルダを作る。

(2) [インターネットのオプション] → [全般タブ] の [インターネット一時ファイル] の [設定] で、[フォルダの移動(M)] を選択。

(3) ここで、新しく作成したフォルダを選択 → [OK] をクリック。


この状態で、Temporary Internet Files のフォルダを削除します。

詳しくは、上のリンク先を読んでください。


(ちなみに、「Fix it による自動解決」では、解決できませんでした)




で、削除しようとしたのですが、ここで問題が。

まず、あまりにフォルダ内の容量が大きすぎて、フォルダを開いても全部読み込むまでに時間がかかる。

それを待って開き終え、フォルダごと削除しようとしても、フリーズします。

あまりにファイル数が多いからのようです。


で、しょうがないので、ちまちまと、十数個ずつ手動で消すことに。

でも、ファイル数は、400万ほどある。

いつまでかかるか、分かりません。



そこで、削除用のフリーソフトを探すことにしました。

それが、ファイルコピー&削除ツール「FastCopy」です。


 → FastCopyの詳細情報 : Vector ソフトを探す!


こうして、削除しはじめたのですが、初めは 1秒間に4~5ファイルほどでした。

それがだんだんとエンジンかかってきて、1秒に30ファイルほどにスピードアップ。

(たぶん、フォルダ内のファイルを読み取るまで、時間がかかると思われる)


1回につき 1~10GB ほど消しつつ、数日で終了。

最終的に、フォルダごと削除しました。


削除ツール FastCopy

インターネット一時ファイル FastCopy


削除したのを確認後、一時ファイルの保存先を元に戻します。

すると、自動的に、Temporary Internet Files が新しく生成される。

隠しフォルダの設定も、元に戻しましょう。




これでCドライブの容量も、復活。

ノートン先生の完全スキャンも、早く終わりましたとさ。


Cドライブ容量 削除前
削除前

Cドライブ容量 削除後
削除後



時々、起動中おかしくなることがあったけど、これの影響だった?





できるWindows 7 (できるシリーズ)



Transcend SDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS32GSDHC10E





【関連記事】
「こたつでマウス」
「Kindle Fire HD の基本設定とインターネット接続」




関連記事
[サイト内タグ]:  パソコン  インターネット



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■