ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
NHKスペシャルドラマ、「坂の上の雲」より――


<冒頭ナレーションより>

まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている。(開花は花が開くことであり、開化は文明が開けること)

小さな、といえば、明治初年の日本ほど、小さな国はなかったであろう。産業といえば農業しかなく、人材といえば300年の間読書階級であった旧士族しかなかった。(今でこそ誰もが楽しめる読書ですが、当時は、誰もができるものではなかった)

明治維新によって、日本人は初めて近代的な「国家」というもの持った。たれもが、国民になった。不慣れながら、その国民となったその日本人たちは、日本史上の最初の体験者として、その新鮮さに昂揚した。この痛々しいばかりの昂揚が分からなければ、この段階の歴史は分からない。

社会のどういう階層の、どういう家の子でも、ある一定の資格を取るために必要な記憶力と根気さえあれば、博士にも官吏(かんり:国家公務員のこと)にも、軍人にも教師にも、なり得た。

この時代の明るさは、こういう楽天主義(オプティミズム)からきている。

今から思えば、実に滑稽なことに、米と絹の他に主要産業のないこの国家の連中が、ヨーロッパ先進国と同じ、海軍を持とうとした。陸軍も同様である。財政の成り立つはずがない。

が、そのようにして、ともかくも近代国家を作り上げようというのが、もともと維新成立の大目的であったし、維新後の新国民たちの少年のような希望であった。


この物語は、その小さな国が、ヨーロッパにおける最も古い大国のひとつ、ロシアと対決し、どのように振る舞ったかという物語である。

主人公は、あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれないが、ともかくも、我々は3人の人物のあとを追わねばならない…




NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 第三部 オリジナル・サウンドトラック






第3部 第10回、「旅順総攻撃」の前編…



快晴ではあったが、寒々としていた。

空がずいぶん、高く見えた。

兵士たちが、影のように映った。


大陸とは、このようなものかと思った。



場所は変わって、1904年(明治37年)のロンドン。髭を蓄えた東洋人が、背広に身を包み、階段を下りてくる。後ろからついて来るのは、お付きの者だろうか。鞄と一緒に、風呂敷包みを抱えている。

その日本人紳士は、小唄のようなものを歌いだした。

「ああ、金の世や、金の世や」
「地獄の沙汰も、金次第」


この男は、日本銀行副総裁、高橋是清(西田敏行)。

日本には、金がありませんでした。日露戦争がはじまる直前に、日本銀行が持っていた正貨は、わずか1億1700万円。これでは、戦争ができません。

高橋はロンドンで、主要銀行や大資本家のもとを訪ね歩いていた。戦費調達のため、戦時外債の公募をつのります。が、結果はといえば、絶望的。彼らは日本の立場に同情はしても、金は出さなかった。

金は情では動かず、利や道理で動く。商売とはそういうものだし、あるいはベースボールと野球が違うように、当時の商売とビジネスは、違ったのかもしれない。

ロンドンは、奇妙な街でした。表は整理され近代的で綺麗なのに、裏に入ると、雑然とし、汚れ、泥にまみれ、混沌としていた。

宿で、棒のようになった足をマッサージしてもらいながら、高橋は漏らしました。

「これじゃあ、この戦は、あと半年も もたんぞ」

せめて、英国政府が動いてくれれば。しかし、それは期待できませんでした。英国世論は白色人種の結束を乱してまでも黄色人種に肩入れすることを、嫌っている。そもそも英国王室はロシア皇帝と親戚関係にある。兵力差は歴然としているし、日本の支払い能力に対する疑問もあった。そんなことから、英国投資家たちの反応は、芳しく(かんばしく)ありませんでした。

その高橋に、電話がかかってきた。吉報というやつです。

深井英五(渡部賢治)は興奮しながら、高橋に伝えました。パース銀行のシャンド取締役(デビッド・クウィルター)からの電話で、5000万円出してもいいという金融家がいるという。

ロシア有利という大方の見方がある中で、この奇特な金融家とは誰なのか?



連合艦隊旗艦“三笠”。秋山真之(本木雅弘)の船室を、島村速雄(舘ひろし)参謀長が訪ねました。有馬良橘(加藤雅也)参謀が、大本営付きになり、艦隊を去るのだという。体の方が、だいぶ悪いらしい。閉塞戦がうまくいかなかったことを、気に病んでいるのです。

真之は言いました。

「成る成らぬは、天にあります」
「有馬さんも、我々も、やれることはやった」



ロシア艦隊は、湾の中。陸の方から追い出してもらわねばならない。それが無理なら、連合艦隊が旅順港に突っ込むか。

真之の考えでは、ロシア旅順艦隊が出てくるのは、バルチック艦隊が回航した時。でも、それでは遅い。日本は海上補給路を断たれ、満州の陸軍は孤立無援となってしまいます。それは、敗戦への道を意味しました。


「あの旅順というものについて、陸軍の感覚は鈍すぎる」。真之は、口の中の肉を噛みちぎらんばかりにして、そう言いました。


陸軍参謀本部は、開戦当初、旅順攻略について作戦案のどの章にも入れてなかった。満州大陸から突き出ている格好の、遼東半島。旅順要塞は、遼東半島の先、金州半島のまだ先端にある。陸軍はそこには触れずに、南山付近を占領し、防御線を構築するつもりでした。そこから主力を、満州平野に北上させる。これにより旅順要塞は補給路を断たれ、腐っていくだろうと。

陸軍は満州平野方面を凝視し、旅順の方は見ていませんでした。そしてそれが、真之には苦々しかった。

(*ただ、海軍も当初、陸軍の援助なしの旅順攻略を望んでいたという話もあります。陸軍の力はいらないと公言する者まであったと。が、閉塞作戦が失敗したため、陸上からの砲撃が必要になってきた。なので、はじめ拒んでいた陸軍の協力を、ここにきて認めざるを得なくなったと。そう考えると、また印象が違ってきますね。そして、もっと他にも、見方があるのかもしれない)



6月7日。

海軍は、旅順を陸から攻略してほしいと、陸軍に強く要請していました。これに対して陸軍は、第一師団、第十一師団を割いて、新たに第三軍を編成。旅順攻略に充て、その司令官に乃木希典(柄本明)を任命した。

金州 兵站(へいたん)司令部。乃木は天幕の中で、眠っていました。

外にいる伊地知幸介(村田雄浩)参謀長らは、ロシアの機関砲について話している。

マキシム機関砲は、発射速度 毎分600発、1門で1個中隊に匹敵するという。第二軍は持てる砲弾の限りを使って応戦したものの、たった1日で、日清戦争で使った砲弾量を撃ち尽くしてしまいました。それで死傷者数、4000。これでは計算が合わない。


伊地知は、他の参謀らに言いました。

「海軍の苦境は理解できる。じゃっどん、理解できるからちゅうて、そん要請を丸呑みしておったら、陸軍の戦力が成り立たんようになる」

「向こうの弾が増えれば、こっちの兵はいくらでも減るっちゅうことじゃ!」



その声が聞こえたのか、乃木がむくりと起き上った。乃木は津野田是重(永井浩介)大尉を連れ、南山のロシア陣地跡の視察に出かけました。伊地知参謀長は、随行しなかった。



乃木の長男である乃木勝典(木崎浩之)少尉は、歩兵第一小隊の隊長として、南山の戦い、金州城の攻撃に参加しましたが、5月27日、ロシア軍の機関銃により盲管銃創(弾が貫かずに、体内に留まる負傷)を受け、治療の甲斐なく出血多量で死亡していました。

乃木希典は南山に丘に立ち、何かを見上げていた。視線の先に何があったのかは、本人にしか分からない。ただ、日記にはこのように記したという。

山川 草木 転た 荒涼 
(さんせん そうもく うたた こうりょう)

十里 風 腥し 新戦場
(じゅうり かぜ なまぐさし しんせんじょう)

征馬 前まず 人 語らず
(せいば すすまず ひと かたらず)

金州 城外 斜陽に 立つ
(きんしゅう じょうがい しゃように たつ)



この時、長男の死亡から10日。長男以外にも、多くの者が命を落とした。

乃木は、ロシアが放棄した大連に近い辺りに最初の司令部を置き、旅順攻撃の作戦を練りました。





NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第3部 (教養・文化シリーズ)




乃木大将と日本人 (講談社学術文庫 455)






7月12日。

水兵たちが、甲板に集まっていました。みんなして、三笠の方を見ている。満州軍総司令官である大山巌(米倉斉加年)と総参謀長である児玉源太郎(高橋英樹)が、連合艦隊を訪ねたのです。迎えるのは、連合艦隊司令長官 東郷平八郎(渡哲也)。協同作戦について、打ち合わせが行われます。


島村参謀長が、海軍の要請をあらためて伝えました。

旅順攻略は、焦眉の急(しょうびのきゅう)。陸軍に無理を強いるようで心苦しいが、旅順港からロシア艦隊を追い出してもらいたい。そうすれば、必ずロシア艦隊は殲滅(せんめつ)できる。


加藤友三郎(草刈正雄)が続ける。

殲滅したら、連合艦隊は一刻も早く佐世保に戻り、艦の整備をし、バルチック艦隊に備えねばならない。


海軍の窮状はよく分かっていると、大山は言った。陸軍としても、最大限、海軍の役に立ちたいと。ただ、バルチック艦隊がロシアを出港したとは聞いていないという。


児玉も続けます。

旅順攻略のために新たに作った第三軍は、既に大連に上陸し、8月下旬には、一気に旅順要塞の攻略をはじめる。

「要塞が攻略できりゃあ、自ずと艦隊は追い出せる」

児玉は、余裕を持ってそう言いました。


8月下旬の開始ですか? 真之はそう訊いた。

児玉は、そうじゃと答える。

「それで間に合うでしょうか?」と、真之は重ねました。

「旅順を何日で攻略できるとお考えですか?」と。


慇懃無礼な態度に、島村が制止しようとしました。

が、児玉は、まあまあと言って、真之の質問に答えた。

「たいした時間はかかりますまい」

「旅順などは、番外のようのようなもので」



「そうは思えません!」

真之は、道理で動く。道理は自然の法則のようなもので、人より上に立つ。だから、違うものは違うと、はっきりと言う。

「海軍は金州要塞攻略に、艦砲射撃で陸軍を援護しました。その時の経験では、ロシアの要塞は堅固で、生半な砲では破壊できず、突撃する兵も要塞の機関砲になぎ倒され、信じられんほど仰山(ぎょうさん)の犠牲者を出したと聞いとります」

真之は、立ち上がって言いました。

「海軍にとっては、何より時間が肝心です。もし、旅順要塞の攻略に時間がかかるようなら、要塞を陥落させる必要など、ありません」

「旅順港に閉じこもるロシア艦隊に、砲弾を撃ち込んでくれさえすれば、それでええんです!」


島村が止めるのも聞かず、真之は続けた。

「そのために、旅順の西北に位置する、この高地を迅速に奪取していただきたい」

そこに上れば、旅順港を一望できる。二〇三高地に観測点を置き、砲撃すれば、容易にロシア艦隊を砲撃することができるというのです。


児玉はにやりと笑ってから、真之の方を見ました。

「秋山というたのう。君が秋山好古の弟か?」

はいと答える真之に、児玉は続けて言った。

「海軍一の秀才じゃそうじゃのう?」

真之は何も答えなかった。

「ロシア艦隊の追い出しは、確かに陸軍が引き受けた」と児玉。

「しかし、敵艦隊の追い出しのためだけに、第三軍4万を動かすわけにはいかん。第三軍の目的は、旅順そのものを落とすことじゃ」


真之の理は、受け入れられませんでした。

理は、相手もそれを解さなければ、非にされる。



大連満州軍総司令部。戻った大山と児玉の前で、作戦図が広げられます。


旅順だけは手抜かりだったと、児玉は言いました。

遼陽での会戦を控え、準備が整うまでは、竹矢来でも組んでおれと言っていたものだと笑う。

「正直、なけなしの兵力を旅順に割かねばならんのは苦しいところですが、こうなった以上、乃木に気張ってもろうて、旅順陥落を急いでもらわねばなりません」


大山も、やむを得ないだろうという。陸と海、どちらかが勝てばいいというものではないと。


が、松川敏胤(まつかわ としたね:鶴見辰吾)参謀によれば、乃木はまだ動いてないとのことだった。



児玉と乃木は同じ長州人で、維新後陸軍に籍を置き、明治10年の西南の役では、双方若い少佐として、西郷軍と戦った。


大山と児玉が柳樹房に入るのを、乃木が迎えました。


さっそく作戦図が広げられ、伊地知が旅順攻略の方針を説明します。

ロシアは要塞を造るのに、莫大な費用をかけている。それだけは分かっているが、その中身については、皆目分からない。


日清戦争で我らが占領した時とは様変わりしていると、乃木も言います。

しかも、ロシアは、一切の諜報活動を寄せ付けない。


本来ならば入念に威力偵察を重ねて敵の配備を把握せねばなりませんが、時間がない。

いずれにせよ、方針としては、東北正面から攻めるのが正攻法だろうと、伊地知は説明します。

理由は、鉄道にありました。

旅順の中心まで延びる鉄道は、既に日本陸軍の手にある。鉄道を補給線として、攻城砲を展開し、突破できれば、直ちに、要塞内の死命を制することができる。


児玉は、地図の中に二〇三高地を探しました。

「海軍の参謀が、わしに説教しおった」

「二〇三高地を攻略すりゃ、まるで二階から石を落とすような要領で、旅順艦隊を攻撃できるとな」



伊地知は、児玉に言いました。

鉄道から離れたら、戦えない。敵要塞の布陣が把握できない現状では、全力を注ぎこめる東北正面を攻めるべきだと。


乃木も、重ねました。

「児玉、伊地知はぬかりのうやっちょる。心配は無用じゃ」



7月下旬、第三軍は金州半島を南北に遮断しつつ、ついに旅順要塞の前面に展開し、総攻撃の体制をとりました。

総攻撃の予定日は、8月19日。



真之の部屋に、士官が駆け込んできました。哨戒艇(しょうかいてい)から、電報が入ったという。

「港内に煤煙(ばいえん)高く上がり、敵艦隊出動の兆しあり」


東郷のもとに、参謀が集結します。

陸軍の動きに敵が反応したと、島村は受け取りました。

作戦計画通りでいきますと、真之も身を引き締めます。


そんな参謀らを、東郷が激励した。

「各艦、奮迅の働きを望む。一艦、余すことなく、殲滅する!」



旅順港を臨みながら、真之は呟きました。

「突っかかってくる」

「敵は必ず、突っかかってくる」




結局、連合艦隊の作戦は、失敗に終わりました。

ロシアの艦隊は大きな被害を受けはしたものの、旅順に逃げ戻り、結果として連合艦隊は再び、旅順港の番人となったのです…





NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第2部 DVD-BOX




二百三高地 [DVD]






<感想>


冒頭語られた、明治人の気質。

もはや身分制度はなく、能力さえあれば――基本的に――何にでもなれる。

やれば得られる、そういった努力の快感を、当時の人は味わったのかもしれません。


では、今はどうだろう?

この脱力感は、何なんだろう?

「慣れ」が、何かを忘れさせているのかもしれない。

とすれば、忘れているものを思い出すまで、下り続けるのだろうか?




明治人は、とにかくよく動いている印象。

坂の上の雲でも、とにかく人が動く。

なりたければ、勉強する。欲しければ、奔走する。

そしてそのうち、何かをつかむ。

つかみそこないは、そんなものだと気にせずに、ともかく、つかむまでやる。


「成る成らぬは天にある」と、秋山真之は言いました。

ただ、その前には、やれることをやり尽くす姿勢が。

やり尽くしたから、そう断言できるのかも。


以前、よき指揮官とは何でしょう? と尋ねられた東郷は、こう言いました。

「決断に至るまで、あらゆることを考え抜かにゃあならん。そいが指揮官たるものの、責務でごわす」





興味深かった、真之と児玉のやり取り。

真之は、道理を見て話しました。

が、児玉は、人を見ているようだった。

道理を説明する真之に、児玉は「好古の弟か?」と訊いた。


こういうのって、現代でもありそうですね。

道理を説明している相手に、例えば、「君は○○課の○○くんだろう? ○○らしいね」とか。

なかなか話の芯を、理解してもらえない。


またその一方で、筋や正論だけでは、世の中、回らないところもあるし。


どちらかを見ておけばいいというものではないけれど、どちらかを見落とすと、危ないことがあるのかもしれない。

どちらも大事なだけに、いつも欠けると、危ないのかも…





文藝春秋増刊 「坂の上の雲」日本人の勇気 2011年 12月号 [雑誌]




坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)





<<「第9回 広瀬、死す(2)」「目次」「第10回 旅順総攻撃 (2)」>>




坂の上の雲 ブログコミュニティ - テレビブログ村














関連記事
[サイト内タグ]:  テレビ  ドラマ  坂の上の雲



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■