ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

変容するとは、棄てることと見つけたり、

しゃにむに武装するにあらず。


即ち、パターンを打ち破ることなり。


「今まで」を――泣きながらにでも――棄て去り、

「これから」を掴み取ることなり。



(う~ん、この言葉だけだと分かり難いかな…。まあ、詳細は後々に)


スポンサーサイト
[サイト内タグ]:  変容  パターン



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

人間、いろんなタイプがあって、自分なりの信念や信条を持っていたり、常に求めるものがあったりすると思います。

しかし――


・常に正しい道を歩もうとする人が、
 実は、何が正しいか知らなかったり、

・常に人を助けたいと思う人が、
 実は、何が人の助けになるかを知らなかったり、

・常に成功を追い求める人が、
 実は、人生の成功とは何かを知らなかったり、

・常に特別な存在でありたいと願う人が、
 実は、いったい何が特別なのかを知らなかったり、

・常に知識を求める人が、
 実は、何が真の意味での知識かを知らなかったり、

・常に安全を求めてやまない人が、
 実は、何が真の安全かを知らなかったり、

・常に楽しさを追い求める人が、
 実は、何が真の楽しさであるのかを知らなかったり、

・常に強さを求める人が、
 実は、何が真の意味での強さかを知らなかったり、

・常に平和を求める人が、
 実は、何が真の平和かを知らなかったり、


――そういうことは、よくあるのではないかと思います。

(特に、人生の後半で、でしょうか。そういう疑問を持つことだって、あるでしょう)
(知らないというよりは、ある時、分からなくなる――そういうニュアンスかな。←これがターニングポイント)



こういう時は、

ちょっと立ち止まったり、
振り返ったり、
まわりを見渡したり、

今まで見ていなかったものに目を向けたり、

そういうことも必要かもしれませんね。

(まあ、そうせざるを得なくなることのほうが、多いのかもしれませんが)



そして、今まで求めていたものの、真の意味や、欠陥(というか、一面性の危うさ)、自分に対する縛り、制限していたもの、陥っていたパターン、今まで見逃していたもの――そういうものと、向かい合わねばならないのかもしれません。



それは、作業、
自分自身で行なう、作業、

つまった血管を掃除するように、
つまった血栓を取り除くように、

自分が本来持っているはずの、流れを取り戻すための、
作業なんでしょう。





ほんとうのたからもの
ほんとうのたからもの





【関連記事】
「エニアグラムの目次」




[サイト内タグ]:  タイプ  パターン



ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ QRコード

QR

携帯でも御覧になれます。

■ にほんブログ村



BlogPeople「人間・哲学/人間考察」

■  



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。